ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、京セラ製の子供向けケータイ「mamorino3」を11日に全国で発売開始!専用アクセサリーも同時発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


入学シーズンに向けてマモリーノの第3弾が11日に発売!
KDDIおよび沖縄セルラーは7日、子供向け携帯電話「mamorino3」(型番」KYY05/京セラ製)を11日から全国で発売することを発表した。先月「2013年春モデル」として発売することを発表していたが、予定通りの発売時期の発売開始となる。

子供向けケータイとして、初代「mamorino」(型番:KYY01/京セラ製)が2010年3月に発売され、その後、後継モデルとなる「mamorino2」(型番:KYY02/京セラ製)が2011年3月に発売。今回のmamorino3はシリーズ第3弾となる。

mamorino3は、これまでのmamorino同様、液晶画面と最小限の操作キーというシンプルかつ超小型で斬新なデザインと、機能を通話、メール、GPSに限定するというコンセプトの製品で、小学校低学年の子供向けのモデル。

今回新たに、アメリカ国防総省が制定したMIL-STD-810G、Method 516.6:Shock-ProcedureIV に準拠した落下試験を実施した「耐衝撃対応」のほか「緊急速報メール」「かんたん設定」にも対応。さらに防水性能においては、IPX8等級にも対応し、より水濡れにも強くなった。なお、防水性能はIPX5/8等級、防塵性能はIP5X等級の性能を備える。

防犯ブザーを搭載し、防犯ブザー用のストラップを引く以外にも、スライドスイッチによりブザーを鳴らすことができるようになった。従来通り、移動経路通知、安心ナビ、居場所通知、セコムの「現場急行サービス」などにも引き続き対応する。カラーバリエーションは「ブルー」「ピンク」「ホワイト」の3色展開。


mamorino(マモリーノ)3 専用アクセサリ
また、本体の発売開始にあわせて、専用のアクセサリー「mamorino3用スターターキット」も同時に発売される。ソフトカバー、フック付きストラップ、フック付きストラップ おさえがセットになっており、本体カラーにあわせて、ピンクとブルーの2色が用意される。価格は1,995円 (税込)、auショップおよびauオンラインショップで販売される予定。

mamorino3の主な仕様
サイズmm (W×H×D)&重量
(閉じた状態)約48×88×18.9 [最厚部 約20mm]/約80g連続通話時間約260分連続待受時間約890時間ディスプレイ約2.0インチ QVGA(480×320ドット)TFT透過型液晶(約26万色)Eメール受信メール保存件数100件送信メール保存件数100件データフォルダ容量約50MBまたは1,000件アドレス帳登録件数10件(電話番号1件/メールアドレス1件)ハンズフリー機能○防犯ブザー○オリジナル機能居場所通知/移動経路通知
緊急通報メール
災害用伝言板/災害用伝言ダイヤル
発着信・受信制限
電池残量通知
電池フタロック
スライド式防犯ブザー
防犯ライト/簡易ライト
かんたん設定
学校向け電源オフカラーバリエーションブルー
ピンク
ホワイト
記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
KDDI、耐衝撃に対応した京セラ製の子供向けケータイ「mamorino3」を発表!発売は2013年1月中旬以降 – S-MAX – ライブドアブログ
緊急地震速報にも対応した子供向けケータイ「mamorino2」が関東、東北でも発売開始! – S-MAX – ライブドアブログ
「mamorino (マモリーノ) 3」の発売開始について ~ランドセルにもカンタンに取り付け可能な専用アクセサリも同時発売~(KDDI)
mamorino3(au)
au
mamorino3(京セラ)
京セラ

外部サイト

まだ間に合う!2013年からLINEを使おう -LINE講座:無料メール編-【ハウツー】
KDDI、京セラ製の子供向けケータイ「mamorino3」を11日に全国で発売開始!専用アクセサリーも同時発売
ソニーモバイルコミュニケーションズ、本社機能を東京に移管!国内向け事業を担う「ソニーモバイルコミュニケーションズジャパン」を新設

(http://news.livedoor.com/article/detail/7292943/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP