ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まだ間に合う!2013年からLINEを使おう −LINE講座:無料メール編−【ハウツー】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


無料通話・無料メールができるアプリ「LINE」
2012年は無料通話・無料メールアプリの「LINE」が大流行しましたが、今年2013年はさらにLINEが日常のインフラとして使われていくでしょう。そんなLINEですが、まだ使ったことがないという人もたくさんいると思います。若干乗り遅れた感があるなーと思っている人もいるかもしれませんが、まだ間に合う!これからLINEを使っていきましょう。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では、スマートフォンでLINEを利用するためのインストール方法や登録方法、友達の追加などを解説をしていきます。インストール編新規登録編家族・友達追加編に続いて、第4回目の今回はいよいよトーク編です。無料メールでたくさん友達と会話しましょう。

■友達と無料メールを楽しもう


「友だち」一覧から、会話したい相手をタッ

「トーク」をタッチ

送りたい文章を入力して「送信」をタッチ

■スタンプ・絵文字・顔文字を使ってみよう


文字入力欄の左にある「・◡・」こんなボタンをタッチ

好きなスタンプをタッチするだけで、相手にスタンプの送信ができる

絵文字や顔文字も送信できる

スタンプはダウンロードして増やすことも可能。これはまた改めて解説する予定

■会話のやりとりが見れて楽しい
LINEでのメッセージによるコミュニケーションは、会話のやりとりが見れる部分が楽しいです。チャットのような画面とスタンプが併せ持つ、従来のメールと一味ちがったメール機能はスマホ時代のコミュニケーションツールと言えるでしょう。

LINEユーザーが増えればおのずとLINEで連絡をとりあうことが増えていきます。今からLINEを積極的に使って、友達とのコミュニケーションも活発にさせていきましょう!

記事執筆:ノトフ

アプリ名:LINE
価格:無料
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
開発者:NAVER Japan Corporation
バージョン:3.4.0
条件:iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/line/id443904275?mt=8

アプリ名:LINE(ライン) – 無料通話・メールアプリ
価格:無料
カテゴリ:アプリ > 通信
開発者:NAVER
バージョン:3.4.0
ANDROID 要件:2.1 以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.line.android

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
まだ間に合う!2013年からLINEを使おう -LINE講座:家族・友達追加編-【ハウツー】 – S-MAX – ライブドアブログ
まだ間に合う!2013年からLINEを使おう -LINE講座:新規登録編-【ハウツー】 – S-MAX – ライブドアブログ
まだ間に合う!2013年からLINEを使おう -LINE講座:インストール編-【ハウツー】 – S-MAX – ライブドアブログ
【アニメ化や連載漫画も開始!プライベートからビジネスまで幅広く利用されているSNSアプリ「LINE」特集】 – S-MAX – ライブドアブログ
Androidアプリ特集 – S-MAX – ライブドアブログ
iPhoneアプリ特集 – S-MAX – ライブドアブログ
iPadアプリ特集 – S-MAX – ライブドアブログ
LINE
LINE公式ブログ
NAVER(ネイバー)
NHN Japan Corporation

外部サイト

まだ間に合う!2013年からLINEを使おう -LINE講座:無料メール編-【ハウツー】
KDDI、京セラ製の子供向けケータイ「mamorino3」を11日に全国で発売開始!専用アクセサリーも同時発売
ソニーモバイルコミュニケーションズ、本社機能を東京に移管!国内向け事業を担う「ソニーモバイルコミュニケーションズジャパン」を新設

(http://news.livedoor.com/article/detail/7293127/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP