ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遊助、新シングル“檸檬”は濱田岳主演の新ドラマ「終電バイバイ」主題歌

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

遊助が、2013年第1弾となるシングル“檸檬”を2月27日にリリース。その表題曲が、1月14日にスタートするTBS系の連続ドラマ「終電バイバイ」の主題歌としてオンエアされることがあきらかとなった。

毎週月曜の〈ドラマNEO〉枠で放送される「終電バイバイ」は、〈深夜の大人の冒険〉をテーマに、人気俳優の濱田岳が毎回違う駅、違う設定で違う主人公を演じる番組。さまざまな顔を持つ街や、終電を逃したからこそ出会える人々が巻き起こす新感覚ストーリーが楽しめるという。また、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦が〈謎の案内人〉として毎回違うシチュエーションで登場し、さらにナレーションを担当することも話題となっている。

遊助にとって12枚目のシングルであり、初のドラマ主題歌となる“檸檬”は、親しみやすい言葉を使った歌詞と、思わず口ずさんでしまうようなメロディーを持った、前向きな人生応援歌に仕上がっているとのこと。気になる人はまずドラマで楽曲をチェックしてみよう。

 

遊助 コメント

もともとこの“檸檬”という曲は、予期しなかったような経験や思い出でも、振り返れば自分の人生に無くてはならない、甘酸っぱい隠し味になっていることってよくあるなーってことを思い起こせるような作品を作りたいと思い、出来た曲です。
なので今回、ドラマ「終電バイバイ」の主題歌にしていただいたことに、運命を感じると同時に、ドラマを通じて多くの人に聴いてもらえる事を、本当にうれしく思います。なんとなくレモン畑を想像しながら作ったので、パッと聴き、爽やかな感じの曲ですが、言葉や音楽がスルメのように噛めば噛むほど味わい深く、何回聴いても飽きないような、そんな作品になってくれたらと願っています。
ぜひ、皆さん聴いてみてください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP