体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フルHD11.6インチ液晶搭載!タブレット&ノートPCスタイルで使える!ソニー製「VAIO Duo 11」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

2012年はAppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップ画面だけでなく、iPadやAndroidなど人気のタブレット端末のように画面に直接タッチして操作できるタイル状の新しいインターフェイスが特長となっている。

タッチ操作ができる特長を活かし、PCメーカー各社は、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表が相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、ソニーから発売された11インチ液晶搭載のノートPCとしてもタブレットとしても利用できる「VAIO Duo 11」を紹介しよう。

■タブレットとノートPC、2つのモードで便利に使える11型VAIO
VAIO Duo 11は最大の特長は液晶画面を斜め上にスライドできる「Surf Slider(サーフスライダー)」と呼ばれる方式を採用することにより、スムーズにタブレットモードとキーボードモードを切り替えられる点だ。

キーボードを搭載しているので、タブレットとして使えるだけではなく、これまでのノートPCと同じようにWebブラウズだけでなく、メールや資料作成も快適に行える点が便利だ。タブレット端末は便利だけれど、キーボードがついていないのでビジネス用途には不向きと考えていたビジネスパーソンや、レポート作成やブログ更新など文字入力を快適に行いたい学生や女性ユーザーにもオススメできる。

またVAIO Duo 11は筆圧感知液晶を搭載しており、タブレット利用では、単にタッチ操作できるだけでなく、付属のスタイラスペンを利用することで紙の上に描くような本格的な手書き入力が可能となっている。筆圧感知に対応した手書き対応アプリを使うことで、単にプレゼン資料を作成するだけでなく、紙と同じ感覚でメモを取ったり、スケッチや書道のように画面上に文字やイラスト、図形を自由に描くことができる。

121214_sony_vaio_win8_02

やや大きめ、片手で長時間持つのは厳しい。本体の向きにあわせて自動で画面の縦横切り替えが可能

121214_sony_vaio_win8_03

広げるとキーボードが出てくる。タッチパネルにも対応

121214_sony_vaio_win8_04

付属のスタイラスによるペン操作もできる

■内蔵バッテリーで7時間駆動!
VAIO Duo 11の画面は1920×1080ドット、フルHD解像度の11.6型ワイド液晶を搭載しており、広い画面表示をいかしてインターネット閲覧や動画閲覧を快適に行える。

また液晶テレビブラビアでも採用しているオプティコントラストパネルに対応し、高コントラストで黒色が美しい鮮やかな映像が楽しめる点も特長だ。

駆動時間は内蔵バッテリーで約7時間もあるので、外出先での利用も充電を気にすることなく行えるほか、急速充電にも対応しているので1時間の充電で約80%まで充電が可能となっている。時間がないときでもスピーディーに充電が行えるので、突然の外出時にも安心だ。

ボディの薄さは17.85mm、重さは約1.305kgとコンパクトだが、接続端子はVGA端子やHDMI端子、USB3.0のポートも本体側面に2つ搭載するなど充実している。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。