ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上原浩治、先発に未練も「諦めてます」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NHK「サンデースポーツ」(6日放送分)には、「中継ぎの魅力に迫る!」として、中日ドラゴンズ・浅尾拓也と、2013年シーズンよりボストン・レッドソックス所属となる上原浩治が出演、それぞれの“中継ぎ論”を語った。

まず、トレードマークになっていたモミアゲを綺麗に剃り落とした上原は、その理由を訊かれると、「自分でも、どこの方向に向かっているかわからなくなって、とりあえずゼロに戻そうと思った」と苦笑い。

本題に入ると、上原は、先発やクローザーほど目立たないものの、責任ある役回りとなる中継ぎについて、「損です」とキッパリ。「抑えて当たり前。打たれたらA級戦犯みたいな感じになりますし、実際取材を受けるにしても、抑えた時って全然取材受けないんですよ。打たれたときに受ける」と理由を語りつつ、過去2年間、ホームランを打たれていない浅尾に、「どうやって、抑えんの?」と尋ねる場面も。

また、浅尾は、昨シーズンの4月、大先輩・山本昌の勝利が懸かった登板で、中継ぎに失敗した試合に触れられると、「山本さんは温かい言葉をかけてくれる。(試合後)とりあえず、謝りにいったんですけど“気にするな”っていつも言ってくれる」とコメント。その真面目で律儀な性格を垣間見せた。

一方で、「メジャーでも先発投手に謝ることはあるのか?」と訊かれた上原は、「最初、謝ってたんですけど、途中から“謝るな”っていわれたんです。一生懸命やって打たれたんなら仕方ないと。謝るってことは一生懸命やってないからって。打たれても堂々としてようと。より頑張ろうと思いますよね」と、日本球界との違いを語った。

さらに、「中継ぎは好きか?」という質問を受けた両名。上原は「今は好きです。今のほうが遣り甲斐を感じているので。(ただし)好きですけど、先発のほうが華がありますし、気持ち的には先発やりたいというのはあります」と回答、その上で、先発に対する気持ちの比重を訊かれると、「先発は諦めてます。8割、9割。身体がいうこときかないので。完全に中継ぎの身体になってしまっている。やれるなら、やりたいですけどね。最後、終わるときくらいは。でも、そういうワガママいうと、クビだっていわれるのでやめておきます」と話し、浅尾は「うーん、どうですかね。昔すごい好きだったんですけど、辛い思いをすることも多いので」と素直に好きとは答えず。それだけ過酷な役回りなのだろう、「でも、一番遣り甲斐のある仕事だと思う」と語った。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7291880/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP