ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Zの公式画像がまた流出、OptiContrastパネル、モバイルBRAVIAエンジン2、Exmor RSカメラを搭載、防水にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国・ラスベガスで1月7日に開催されるSonyのプレスカンファレンスで発表される見通しのSony Mobileの新型Xperiaスマートフォン「Xperia Z」の新たなプレス画像が台湾 ePriceで公開されました。画像はプロモーション映像、あるいは製品ページのスクリーンショットと見られ、Xperia Zの特徴が説明されています。Xperia Zは5インチフルHD解像度の液晶ディスプレイ、Snapdragon S4 Pro APQ8064クアッドコアプロセッサ、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載することがこれまでに伝えられてきました。画像によると、Xperia Zでは、”スケルトンフレーム構造”と呼ばれる初めて目にする筐体構造が採用されており、防水性も備わっています。ディスプレイの解像度は噂通り1,920×1,080ピクセルで、Xperia Tablet SやXperia Vに搭載されているタッチセンサーとカバーガラスが一体となったOptiContrastパネルが採用。モバイルBRAVIAエンジンはバージョン2となっています。リアカメラの画素煤は1,300万画素。撮像素子にはSonyの新型裏面照射型CMOSとなる「Exmor RS」が採用されています。「Exmor RS」では、動画のHDR撮影にも対応しており、Xperia Zでも静止画に加えて動画のHDR撮影が可能と記載されています。sa   Source : ePrice 



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、NECカシオ製の2画面・折りたたみ式スマートフォンを今年4月にも発売
Archos、HDMI対応テレビをAndroidパソコンに変える小型端末「Archos TV Connect」を発表、独自のリモコンでタッチ操作やピンチズーム操作などが可能
HTC M7の主要スペック(噂)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP