体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GALAXY Note IIに必携のガジェット! ケース&スタンド&バッテリーの3 in 1【イケショップのレアもの】

以前に紹介した初代GALAXY Noteをより強力にしてくれるガジェット「PowerBank Smart for GalaxyNote 3200mAh」は、フリップ付のGALAXY Note用のケースで、スタンド機能に加え容量3200mAhバッテリーも内蔵しているという3 in 1のスグレモノだった。大人気のため品切れ状態が続き、一時は入荷即売り切れといった状況もあったという。

そして今回紹介する「PowerBank Smart2 GalaxyNote2 3200mAh」は、文字通りその後継モデルとなる。当然、対応しているモデルはGALAXY NoteIIだ。なお、GALAXY Note SC-05Dのサイズは、約147(高さ)mm×約83(幅)mm×約9.7(厚さ)mmで、対してGALAXY NoteIIは約151(高さ)mm×約81(幅)mm×約9.7(厚さ)mmとなっているためNote用をNoteIIで使ったり、その逆でNoteII用をNoteで使ってみたりといった相互流用は残念ながらできない。

■色はホワイトとブラックの2色から選択可能
PowerBank Smart2 GalaxyNote2 3200mAhは、ホワイトとブラックの2モデルが用意される(色が違う以外、仕様は同じ)。GALAXY NoteIIもマーブル・ホワイトとアンバー・ブラウンの2色が用意されているので、好みに合わせてそれぞれ組み合わせができるようになっている。

GALAXY Note IIに必携のガジェット! ケース&スタンド&バッテリーの3 in 1【イケショップのレアもの】こちらがホワイトモデル。同色系でそろえてもOK GALAXY Note IIに必携のガジェット! ケース&スタンド&バッテリーの3 in 1【イケショップのレアもの】ブラックモデルとホワイトの本体で白黒ツートンの組み合わせに GALAXY Note IIに必携のガジェット! ケース&スタンド&バッテリーの3 in 1【イケショップのレアもの】前面のフリップ部にGALAXY NoteIIのロゴ入り(ブラックモデル)。

■前モデル同様にスタンド機能でGALAXY NoteIIを立てて使える
スタンド機能は、前モデルと同様フリップカバー部分をひっくり返して本体背面側の「GALAXY NoteII」と書かれた金属ステーを引っ張り出して止めることでスタンドとして利用できるようになっている。ある程度の傾斜が付いた状態になるので、動画を再生させるときやWebブラウジングといったときに便利だろう。もちろんBluetoothキーボード等を使って作業する場合にも役に立つ。

GALAXY Note IIに必携のガジェット! ケース&スタンド&バッテリーの3 in 1【イケショップのレアもの】スタンド機能でNoteIIを横置きにした状態で立てることが可能。 GALAXY Note IIに必携のガジェット! ケース&スタンド&バッテリーの3 in 1【イケショップのレアもの】背面の金属ステーを引っ張り出してフリップに合わせて固定する。

■microUSB端子経由でGALAXY NoteIIに充電
先述したように本製品は、バッテリーを内蔵している。GALAXY NoteIIの内蔵バッテリーの容量は、先代の2500mAhから大幅に増えて3100mAhになっている。本体だけでも通常利用であれば1日バッテリーが持つくらいの大容量だ。とはいっても、昨今のように100Mbpsにまで高速化されたXiでの動画再生やテザリングなど、バッテリー消費の恐ろしく消費する使い方をすれば、さしものGALAXY NoteIIのバッテリーも残量がガンガン減っていく。そうしたハードな使用も考えると3200mAhのバッテリーをケースが内蔵しているということは、大きな安心感になる。バッテリーの残量が確認できるLEDもmicroUSB端子も搭載されており、microUSB端子は前モデル同様に引き出して使うことができる。microUSB経由で給電できる他の機器も充電することができるので、モバイルバッテリーとしても活用できるのは経済的だ。また、本製品の充電は、microUSB端子の隣にあるmicroUSBメス端子から行う。GALAXY NoteIIに付属のケーブルが流用できるのも便利な点だ。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。