ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松本潤主演「ラッキーセブンSP」 不自然な脚本にネット上では疑問の声も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3日、松本潤主演のドラマ「ラッキーセブンスペシャル」(フジテレビ)が放送された。2012年1月から3月まで月9枠で放送されたドラマ「ラッキーセブン」が、好評を受けスペシャル版として復活した形だ。

ストーリーは、北品川ラッキー探偵社で働く探偵・松本潤が依頼人の相談をきっかけに、ある融資詐欺事件に巻き込まれていく…というもので、松本や同僚役・瑛太の派手なアクションシーン、さらに石原さとみの迫真の演技もあり、ネット掲示板やツイッターでは「おもしろかった」「映画化して欲しい」といった声が相次ぐなど、おおむね好評のうちに幕を閉じた。

一方で、月9時代からのファンからは疑問の声も上がった。というのも、北品川ラッキー探偵社に所属するレギュラーメンバーの大泉洋、仲里依紗の出番が不可思議なほど少なかったのだ。

大泉洋は冒頭のシーンで逮捕され留置場に、仲里依紗はニューヨークに出張したという設定になっていたが、2人は月9時代は脇役ながらも重要な役どころ。スペシャル版での両者の演技に期待していたファンは肩透かしを食らった格好となった。

ネット掲示板やツイッターでも、「2人とも売れっ子だからスケジュールの都合がつかなくて出番が少なかったのでは」「スペシャル撮影時に、大泉洋は主演映画続編の撮影の真っ最中、仲里依紗は主演連ドラの撮影の真っ最中だったからな」「瑛太も松本潤とコンビを組んでいる設定なのに、不自然なほど別行動が多い。これもスケジュールの都合か?」など、不自然な脚本に疑問の声が相次いだ。

今回の「ラッキーセブンスペシャル」の視聴率次第では、再びスペシャル版が企画される可能性はあるが、そのときは月9時代からのファンを納得させる脚本となるだろうか?

【関連記事】
ジャニーズドラマ総ざらい! 視聴率番長はSMAPか嵐か!?
安定の桐谷美玲に仲里依紗、盤石体制の安室奈美恵! へび女たちの未来予想図
「本音で話していいの?」 復活・細木数子がマツコの運命を予言!?

(http://news.livedoor.com/article/detail/7285545/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。