ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「俺も怒られないようにするから」 カズが明かす、子どものしつけ方とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「彼らにとって関係ないですから」。自分の父親が“キング・カズ”であることについて、子どもたちはどう思っているのか――、そう訊かれたカズは淡々と語った。

TBS「初蹴り!スーパーサッカー~日本代表開運トークSP~」(1日放送)では、『45歳「KINGカズの流儀」』として、番組MC・加藤浩次と三浦和良による対談を放送。カズは普段あまり話すことのない子どもとのコミュニケーションやしつけ方にも言及した。

対談前半は、来季の展望や昨年挑戦したフットサルを振り返ったカズ。「海外でやるために必要な力」を訊かれると、「どんな世界でもそうですけど、タフじゃないとやれないですね。メンタルを強くするためには経験じゃないですか。失敗して、ブラジルなんかだと、新聞で大きく批判されて。でも一週間後にいいプレーしたら、本当に称えてくれる」といい、「自分自身をしっかり持てない奴は落ちていくし。そうじゃない奴は勝っていく」と答えた。

また、二児の父でもあるカズは、父親が現役にこだわることについて、「(子どもたちは)何ももう言いませんよ」と話すと、実際行われる親子の会話は「“ルパン三世、今日見た?”とか・・・」と笑った。

「子どもを叱ったりするのか?」と訊かれれば、「あんまないですね。カミさん(三浦りさ子)がちょっと厳しいので」と前置きしたカズ。「子どもとミーティングして“お母さんに怒られないようにしよう”って。“厳しいんだよ”って次男とかも言ってるんですよ。“勉強ちゃんとしないとサッカーやらせない”って言われる訳ですね。まあ、当然なんですけど、なかなか難しいじゃないですか、子供の頃、バランスを取るのは。“俺も怒られないようにするから”って。俺が一番ダメだったりするんですけど、迷惑かけちゃいけない。お母さんの気持ちを分かってあげなきゃいけないんだって」と、“カズ流しつけ方”の一部を明かした。

さらに、「この前も、夜9時くらいに(子どもが)電話してきて、丁度カラオケにいたんですよ」と切り出したカズは、子どもからの電話に対し、「“今日俺、朝まで歌っちゃうからさ。飲んじゃうからさ。お前も今度こような”って、そんな感じです」と、“らしい”エピソードも――。だが、その最後、自身の今後について改めて訊かれると、「言う事一緒ですね。やれるまでずっと、グラウンドに立てるまでは立ちたい」と真剣な表情で話した。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7284492/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP