体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うどんLOVE!うどん県オススメの丸亀製麺公式アプリ「丸亀製麺」【Androidアプリ】


年越しそばを食べたら、年明けうどん!
最近では“年越しそば”に対抗して(?)、うどん県より“年明けうどん”というマーケティングがされていますが、うどん派の私としては年越しもうどんでいいくらいです。

「打ちたて」「茹でたて」「締めたて」「できたて」のうどん、おいしいですね。

そんな本場讃岐うどんにこだわっているセルフうどんのお店、丸亀製麺の公式アプリ、その名も「丸亀製麺」を紹介します!なお、丸亀製麺の会社は兵庫県が本社のようです。

さっそくアプリを見て行きましょう。

年明けうどんが押されてますね。

まずは、右上に出ている年末年始の営業情報をみてみましょう。

これを確認しないことには年明けうどんができませんからね。

maru02

と、思ったら営業情報の調べ方が出てきました……。

なんだか萌えキャラ(?)もいますね。

TOPページの[全国のお店検索]から営業情報は見られるきるようなのでそちらから確認してくださいね。

maru03

さて、丸亀製麺の注文方法を仮想体験することができるという[お店仮想体験]も見てみましょう。

お店は3箇所から選べます。

説明のいらない感じのキャラの立っている店員さん3人から好きな人を選んでくださいね。

maru04

私は関西出身のマキさんを選びました!

見るからに大阪のオバちゃんです。

maru05

さて、マキさんが注文の仕方を誘導してくれます。
まずはうどんの種類を選び、次にサイズ、温かいうどんか冷たいうどんかを選んでいきます。
「ちょっと待っといてえな」、実に大阪のオバちゃんです。

maru06 maru07 maru08 maru09

トッピングのおすすめをされています。タップで選んでいきますが、実際のお店には10種類くらいは並んでいたと思いますが、アプリの都合上か種類が少なくて残念ですね。

maru10 maru11
1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。