ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモが2014年度にもLTEサービス「Xi」の速度を5倍にすると報道!スマホの通信速度を上げて他社に対抗へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Xiがさらなる高速化!
日本経済新聞は12月31日、NTTドコモが2014年度から2015年度に高速通信サービス「docomo LTE Xi」の通信速度を全国主要都市で現在の最大5倍の187.5Mbpsに引き上げると伝えています。KDDIがau向けに4倍化する計画を打ち出したため、これに対抗して高速化し、スマートフォン(スマホ)市場において優位に進めるとしています。

ドコモでは、すでに今冬、一部都市で3倍の100Mbps(112.5Mbps)に高速化し、2014年までに主要都市で同様の100Mbpsに高める計画でしたが、さらなる高速化計画を進めるということです。

記事では、5倍速のサービス開始時に対応スマホを販売し、価格は、現在と同様の月5985円に据え置くとのこと。

KDDIは2013年中に通信速度を現在の1.5倍の毎秒112.5Mbps、2014年3月末までに2倍の150Mbpsに引き上げる計画。さらに、ソフトバンクモバイルも2013年度以降にiPhoneが対応する通信回線を2倍の75Mbpsとする方針となっており、最大通孫速度での競争が熾烈になってきていると伝えています。

 NTTドコモは2014年度から15年度にスマートフォン(スマホ)向け高速通信サービス「LTE」の通信速度を現在の最大5倍に引き上げる。5倍速に対応した新型端末で利用する。ドコモは14年までに主要都市で速度を3倍に高める計画に着手したばかりだが、KDDI(au)がドコモを上回る4倍速化計画を打ち出したためこれに対抗する。スマホなど携帯端末の高速化競争が一段と進みそうだ。

 ドコモの計画では14年度以降に全国主要地域で最大毎秒187.5メガ(メガは100万)ビットの速度を実現する。理論上は容量が約3ギガ(ギガは10億)バイトある2時間の映画を約2分でダウンロードできる。国内の携帯回線では最速となり、一般的な家庭用光回線の速度も超える。

 サービス開始時には5倍速に対応したスマホを販売。5倍速でもデータ通信料金(現在は月5985円)は他の速度と同じにする。ドコモは速度を訴求して顧客獲得につなげる。

 高速化を円滑に進めるためLTEに使う電波の周波数帯を増やす。ドコモは現在、周波数帯をLTEと第3世代携帯電話(3G)双方に使っている。同社のLTE契約件数は現在、1100万件で15年度には全契約の約3分の2の4100万件に増える見通し。契約者数が減っていく3G用の周波数をLTEに振り向ける。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
ドコモのスマホ速度5倍に 14年度にも、国内最速  :日本経済新聞

外部サイト

NTTドコモが2014年度にもLTEサービス「Xi」の速度を5倍にすると報道!スマホの通信速度を上げて他社に対抗へ
うどんLOVE!うどん県オススメの丸亀製麺公式アプリ「丸亀製麺」【Androidアプリ】
Exchangeサポート終了を悲しむあなたに朗報! Yahoo!メールとの合わせ技でGmailをiPhone標準メールアプリでリアルタイム着信させる裏ワザ【ハウツー】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7284523/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP