ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

窮地の平愛梨を救った、唐沢寿明の言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フジテレビ「感動の神対応バラエティ~おお!Myゴッド」(1日深夜)は、『芸能人や視聴者が体験した「思いもよらぬ親切」「普通の人ではここまでの対応はできないと思う親切」などの“神懸った”対応=「神対応」』(公式サイトより引用)エピソードを紹介するバラエティ番組だ。

番組内では、ゲストの女優・平愛梨が「映画の撮影中 平愛梨を救った唐沢寿明の神対応」として、映画「20世紀少年」撮影中に起こった、ある“神対応エピソード”を明かした。

「三部作(20世紀少年)を一年間撮影していたんですよ。最終章で15年振りに再開して、泣くっていうシーンがあったんです。唐沢さん見て、なぜか(リハーサルから)涙が止まらなくなっちゃったんですよ。それで、最終章のシーンでいざ本番になって泣けなくなっちゃって・・・」と切り出した平。

実際の撮影の様子について、平は「ラストカットのアップの時に、涙が欲しいって監督さんに言われて、1回やっても2回やっても泣けなくて、だけど本当の涙でやんなきゃって、どうしよう、どうしようってなってプレッシャーにもなって」と語るも、その窮地を救ってくれたのが、唐沢の行動だった。

「そしたら、唐沢さんがハグしてくれながら、耳元で“スターになれよ”って言ってくれたんですよ。それで泣けたんです」。こう振り返った平は、唐沢の思いがけない一言に感動し、再び涙が溢れてきたというものの、その後には「でも、今こうして誰もが予想せずバラエティに沢山出てる」と自らオチを付けたのだった。

【関連記事】
平愛梨 女優“廃業”状態でバラエティ進出も「空気読めなさすぎ」で現場から苦情殺到中
平愛梨、実妹とのツーショット公開 「可愛すぎる」の声多数

(http://news.livedoor.com/article/detail/7284407/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。