ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドルの所得 月給20万程度でも使える経費半端ないことも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アイドル全盛時代の昨今、年末年始に家でゴロゴロしながら、テレビを観れば、どのチャンネルを回してもアイドルだらけという場面に遭遇するのも珍しいことではない。そのとき、「アイドルって、どのくらいギャラをもらっているのかな?」とふと考えてしまうこともあるのではないだろうか。

 だが、アイドルを始め、芸能人のギャラほど謎に包まれているものはない。以前は「長者番付」(高額納税者名簿)が発表されていたので、主な一流芸能人の所得金額を推測することもできた。しかし、その制度も2006年に廃止され、各芸能人がどれだけ稼いでいるかはあくまで推測レベルでしかわからなくなった。

 2000年代前半、人気絶頂だったモーニング娘。のメンバーは、納税額数千万円を記録し、推定所得1億円をゆうに超えていた。一方で、アイドルといえば、低いギャラでたくさん労働させられるというイメージもあるが、実際はどうなのか? 業界関係者が語る。

「事務所が初期投資を回収できるまでは、ほぼ寝ずに働くくらい人気があっても、月給20万~30万円。それは今も昔も、さほど差はないと思います。もちろん、事務所にもよりますが」

 たしかに、テレビ番組などで、アイドル時代の低給を嘆くタレントは存在する。だが、本当に20万~30万円しか貰っていないのかというと、別の話だという。

「とにかく経費として使える額が半端ないのです。20代の某男性アイドルが、ドラマの打ち上げで100万円近くした飲み代を『俺が払っとくよ。○○事務所で領収書もらっといて』という光景を目の当たりにしたことがあります。スタッフが100人くらいいる打ち上げ代をすべて出せるのですから、いったい何なんだと思いましたよ(笑)」(テレビドラマ関係者)

 なぜ、経費を青天井に使えるのかといえば、理由は明白だ。前出・テレビドラマ関係者が続ける。

「ご承知のように、税金対策です。経費を多く計上することで、税金を安くする算段です。節税ですね。アイドルとしても、『給料は低いけど、経費は使いたい放題だから、ま、いっか』という気持ちでしょう。加えて、車なども事務所が購入して経費計上し、アイドルに貸し与えているケースもあるようです。事務所としても、給料を上げるより経費として計上したほうが好都合なわけです」

 2月になれば、確定申告がやってくる。芸能事務所は、税金対策もアイドル管理もバッチリのようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
店の女の子が全員「グラドルの卵」なスナックを六本木で発見
AKB48ブログアクセス数1位は前田、3位板野は大島を猛追
吉野紗香、新田恵利ら13人の元アイドルが芸能界を語った書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP