体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Exchangeサポート終了を悲しむあなたに朗報! Yahoo!メールとの合わせ技でGmailをiPhone標準メールアプリでリアルタイム着信させる裏ワザ【ハウツー】

Yahoo !メールの助けを借りてGmailをリアルタイム着信させてみる
Googleのメールサービス「Gmail」が、iPhoneなどのiOS端末にメールをリアルタイム着信させることができる機能「Exchange」のサポートを終了する2013年1月30日が間近に迫ってきています(詳細はこちらの記事をご覧ください)。

現在Exchangeで使用している端末は当面継続利用できるとはいえ、サポート終了以降に新規の端末を登録することとができないため、次の機種変更でExchangeが利用できなくなることは確実です。

GoogleはすでにiOS端末向けにリアルタイム着信通知機能を備えた「Gmail」アプリをリリースしているため、まずこのアプリを使用することが有力な選択肢となりますが、それでも「どうしてもiOS標準メールアプリでリアルタイム着信させたいんだ!」という人のために、今回はYahoo!メールと組み合わせてリアルタイム着信を実現するワザを紹介いたします。裏ワザ的な内容になるため、試す場合は自己責任でお願いいたします。

■受信はYahoo!メールでリアルタイム着信、送信はGmailからExchangeサポート終了後、(終了以前に登録していなかったiOS端末からは)Gmailに「IMAP」というプロトコル(通信手順)でアクセスすることになりますが、Gmailの場合はこのときにリアルタイム着信ができません。ただIMAPでアクセスした場合に必ずリアルタイム着信できないかというとそうでもなく、IMAPを用いながらもリアルタイム着信を提供しているのがYahoo!メールです。

一方、メール送信を行うときには(受信にIMAPを使うなら)「SMTP」というプロトコルを用いますが、こちらはリアルタイム着信には全く関係しません。以上を踏まえて、今回は以下のような方針で設定を進めていきたいと思います。

・Gmailの受信メールをYahoo!メールに転送してiOS端末からIMAPでアクセスする。
・メール送信はiOS端末からSMTPで直接Gmailに通信して行う。

この設定を行うことで、受信はYahoo!メールのIMAPでリアルタイム着信させつつ、送信はGmailに対して直接行うことになります。この設定を完了させるためには以下のものが必要となります。

・リアルタイム着信させたいGmailのアカウント
・Yahoo!メールが利用できるYahoo!のアカウント
・メールを送受信するiOS端末

■手順1:GmailからYahoo!メールへメールを転送まず、GmailのメールをYahoo!メールに転送するよう設定します。Gmailの「メール転送と POP/IMAP」メニューで「転送先アドレスを追加」を選択し、Yahoo!メールを転送先として登録します。

まずGmailの設定画面で「転送先アドレスを追加」をクリック。Yahoo!メールのアドレスを入力して処理を完了すると、Yahoo!メール側に確認メールが送信される。

gmail_push_001

Yahoo!メールに届いた確認メールに記載されたリンクをクリックするか「確認コード」をGmailの設定画面に入力することで、Gmailの転送先としてYahoo!メールが登録される。

gmail_push_002

再びGmailの設定画面で、登録したYahoo!メールへの転送を有効にする。転送後のメールをGmailに残すかどうかはお好みで選択を。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。