ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【オトナ女子読書部】モテる女は総合点が60〜70点!? アラサー独女に捧げる新モテ本『邪道モテ!』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アラサーでいくらきれいと言われたところで、22~23歳のかわいい女の子がいたら、そっちには負ける確率が高い。」
「自分の商品価値がどんどん下がってるのに、それを直視しようとせずに上ばっかり見ちゃう」
「『彼氏ができる人、結婚できる人』と『モテる人』っていうのは別」

身も蓋もないこれらの真理がグサッと胸に刺さるシングル女子注目!
王道なモテテクはもはや不要、アラサーのあなたが今身に付けるべきは「邪道モテ」の技術なのです!

愛されワンピにゆるふわ巻き髪。合コンの席ではテキパキ料理をとりわけて、男の話には楽しそうに笑う…。

これがいわゆるコテコテの「王道モテ」。
巷のモテ本、モテ特集なんかでよく見かける定番技ですよね。
ですがこんなベタな手管が通用するのはせいぜい20代前半の話。
年齢的に「愛されOL」路線がキビしくなってきたアラサー女子にとっては、何の役にも立ちません。

じゃあ年齢に左右されないモテテクって何よ?

その問いにがっつり向き合ったのがこの『邪道モテ』という一冊。
作者は「恋のから騒ぎ」出演後にAV女優に転身、今はライター&マンガ家として活躍中の峰なゆかと、美人なのに恋愛がうまくいかない女たちを描いた『負け美女』の著者・犬山紙子。
このふたりが「モテとは何か」というテーマについて考察し、自分たちの黒歴史を暴露しあいながら、世にはびこるモテにまつわる勘違いをバッサバッサとぶった斬っていく対談集です。

先に本書の結論を言ってしまうと、「モテる女は総合点が60~70点」。
これはつまり、美人でスタイルがよく仕事もできる女が「100点な自分」を目指してジムに通って自分磨きをするとかえって縁遠くなり、逆に顔はたいしたことないけど料理上手とかファションがほどよくダサいとか、そこそこ隙がある女のほうが男にはモテるということ。

言われてみると、まあ納得できますよね。
でも肝心なのはここから。
じゃあ実際に60~70点の女ってどんな女なの? 私はどうすればそのラインにいけるの?

その答えを探っていくのが第2章なのですが、本書の読みどころはまさにココ!
世の中のあらゆる女子を「王道モテ」「邪道モテ」「非モテ」に分け、さらにそれぞれを「森ガールタイプ」「自虐モテタイプ」「ツイッターモテタイプ」「メンヘラタイプ」など14種類にイラスト付きでカテゴライズしているのですが、これが抜群にリアル&具体的&鋭くて面白い! 

「ショボいお花から綿レースが垂れてるコサージュ」を髪につけた「森ガール」タイプ、「Mujiラボのざっくりカーデ+チュールスカート+レギンス+バレエシューズ」の「サブカル」タイプなどなど、聞いただけでその女子のイメージが思い浮かびませんか?

女が女を観る目の辛辣さに震え上がると同時に、「あー、私このタイプだわ…」ともわかってしまうはず。

私はこの中のどのタイプなのか? 
持って生まれた素材と今の路線(メイクやファッション、趣味嗜好など)はマッチしているの? 
間違っているならどの路線に軌道修正すればモテるようになるの?

読み進めるうちに、そんなシビアな現実を容赦なく叩きつけられることでしょう。
でも「自分を客観視する」ことはモテの基本。さまざまなタイプの女子を知り、現実を知ることで、自分という素材の魅力を最大限に活かす方法も見えてくるはずです。それこそが年齢にとらわれない真のモテテクニック。

「若さ」と「可愛げ」ではそろそろ勝負できなくなってきたアラサー女子は、現実を受け入れる覚悟で、年の始めにじっくり読んでみては?(小鳥居ゆき)

『邪道モテ! オンナの王道をゆけない女子のための新・モテ論』
犬山紙子、峰なゆか/著 宝島社 1200円

外部サイト

【オトナ女子読書部】モテる女は総合点が60~70点!? アラサー独女に捧げる新モテ本『邪道モテ!』
彼氏の浮気を許す人と別れる人、幸せになれるのはどっち?
【オトナ女子映画部】夫とは行為ありキスなしが常識?『ストーリー・オブ・ラブ』

(http://news.livedoor.com/article/detail/7283470/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP