ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他界したごきぶりホイホイ開発者 数十万匹のゴキと寝起きした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ごきぶりホイホイ」開発の中心メンバーだった、アース製薬元常務の木村碩志氏が、昨年5月、前立腺がんのため逝去した。享年82。

 口癖は「主婦の役に立ちたい」。木村氏は晩年、「ごきぶりホイホイ」の研究に明け暮れていた頃を思い出してこう語っていたという。

「ゴキブリは賢く、触角が粘着剤に触れただけで逃げる。だから箱の入り口に30~45度の傾斜角度を作って誘い込むことが、成功の鍵やったんや」

「ごきぶりホイホイ」の登場は1973年。70年に同社を買収した大塚製薬の大塚正士会長(当時)と、社長に就任した弟の正富氏が、社運をかけて、「不快さを感じることなく、捕獲、殺処分できる商品」を、開発部長だった木村氏らに命じた。当時はまだ生け捕りタイプが主流で、捕獲後の処理は消費者が行なっていた。

 木村氏らは工場内で数十万匹のゴキブリと寝起きし、誘因物質の開発などに取り組んだ。研究の甲斐あって、商品は発売3か月で当時の年商を上回る20数億円を達成。その後も商品は改良を重ね、現在で6代目となっている。

 木村氏は2003年に退社。しかし、その後も研究を続けた。木村氏の旧友が語る。

「神戸の研究所でホウ酸団子の効果を検証したり、新種のゴキブリが出たといえば、出かけては知人の米国人の昆虫学者に電話をかけて確認したり。とにかく研究熱心な人でした。ゴキブリが好きなのか嫌いなのか、最後までわかりませんでした(笑い)」

 最晩年は環境問題や健康長寿への関心が高く、講演活動も精力的にこなした。

「ゴキブリは温暖を好む。温暖化が進んでいるのは『ごきぶりホイホイ』の売れ行きからも明らかと、熱く語っておられました」(前出・旧友)

 日本の一時代を築いた優秀な研究者が、また一人、この世を去った。

※週刊ポスト2013年1月1・11日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
北海道出身マッチョ男 上京後に初めてゴキブリ見て以来恐怖
脳科学者・澤口俊之氏「ゴキブリは脳が2つあるような生物」
38才人妻 隔週土日休みの夫に不満「男に休日なんていらん」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。