ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2週間で痩せられる!? 究極ダイエット法「10個のルール」でリバウンド知らずに

DATE:
  • ガジェット通信を≫


年末年始、こわくて体重計に乗れない人もいるのでは?
現実から目を背けてはいけません…今こそ乗るのです! そして、とても残念な結果が出てしまった場合、思いっきり泣きましょう。今はとびっきり悲しくても、2週間後に笑顔を取り戻すことができる究極のダイエット法があるんです。
イギリスの栄養士フィオナ・カーク氏が考察したダイエット法を実践すると、たった2週間で減量に成功するのだとか! 驚異のスピードで減量できることから、このダイエット法を書き記したカーク氏著の本もヒットし、欧米で話題になりました。しかもリバウンドの心配もないのだそう。
イギリスのニュースサイト「Mail Online」にカーク氏の推奨するダイエット法が詳しく載っていました。実践方法は、以下「10個のルール」を破らずに2週間過ごすこと。

・午前11:30まではフルーツしか食べない。
・昼食はスープとサラダを食べる。
・夜は運動しない限り、炭水化物を避ける。
・夕飯にはかならず2種類以上の野菜、もしくは大皿のサラダを食べること。
・代謝をあげるため、2~3時間に1回は何かを食べること。
・栄養素も少なく、短時間で消化されてしまう白米・パン・パスタは封印。
・毎日最低でも30分の運動をする。朝のほうが効果的。
・2~3時間毎に水を飲む。
・ルールから反れそうになったら、すぐに元のペースに戻るよう努力する。
・自分で調理する時間がない場合、スープ・ジュース・サラダはお店で買っても良い。

また、ダイエット中に以下の食材を摂ると劇的に早い脂肪燃焼が期待できるのだとか。

カルシウム豊富の食材:
コテージチーズ、ほうれんそう、ブロッコリー、ダイオウ、サーモン、フェタチーズなど。
オメガ3脂肪酸を含む食材:
魚、ひよこ豆、アボカド、くるみなど。
発酵性糖質を含む食材:
レンズ豆、コーン、干しえんどう豆、大麦、玄米、オーツ麦など。
ピンク・赤色の海鮮食材:
サーモン、エビ、ニジマス、ロブスターなど。

「10個のルール」を実践して2週間が過ぎても、なるべくルールに沿いつつ上記食材を取り入れた食生活を続けるとさらに効果的。
カロリー制限をしているわけではなく、脂肪を避けつつ栄養をしっかり取っているので、無理なく続けられることが可能なんだそうです。これが「リバウンド知らず」のポイントのようですね。
薄着になる前に、いや、来るバレンタインまでに体型を戻したいところ…!
このダイエット法を実践して、2013年はいろんな意味で「スマート」にスタートダッシュをかけましょう!
photo by Thinkstock/Getty Images
Mail Online
(おうち系キャリアウーマン/ミッシェル山田)



(グリッティ)記事関連リンク
本気でヤセたい子のための最終兵器彼氏「あぶらみくんダイエット」
2012年決定版☆「本当に効果があったダイエット」BEST3
名前の母音をチェック! あなたにピッタリの「ぜい肉」撃退法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP