ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「すごいイヤな人もいますけど・・・」長友流コミュニケーション術とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TBS「初蹴り!スーパーサッカー~日本代表開運トークSP~」(1日放送)では、同局・枡田絵理奈アナがイタリアで行ったインテル・長友佑都のインタビューの様子を放送した。

まずは、本田圭佑について「考えは、圭佑とはすごく合って、僕らが話す時っていうのは、熱くなって、お互い目指すべき夢だったり、目標だったり、日本代表が目指していくべき位置っていうのをいつも話している。試合終わった後のロッカールームでも二人で熱く話したり。それを横でウッチー(内田)とかが聞いてて、“長友さんたち、熱いな”って言ってるみたいですね」と語った長友。

また、ビッグクラブに加入した際、「はじめ、ロッカールームに行った時、今までテレビで観たスター選手がいて、その時はさすがにスゴイところに来たって思いました」と振り返った長友は、枡田アナから「誰から仲良くなれば?」と質問されると、「僕は、まずチームのトップのところにいきますね。トップの人とうまくやってると、他の選手たちもそこでうまくコミュニケーションとれてるんだなって。こいつはイイ奴なんじゃないかなって見てくれるんで。最低限の礼儀はもちろん、自分がバカになる。最初行った時は、(打ち解けるまで)相撲のマネやったり、空手のマネしたり」と、異国の地で仲間の信頼を勝ち得たテクニックを語った。

“開運トーク”というテーマで行われたインタビューだけに、「上司が苦手だと思ってしまう」ケースを訊かれた長友は、「僕自身やってるのは、監督から自分を使って貰えなかったり、先輩ですごいイヤな人もいますけど、そういう人でも絶対イイ部分はあるんで、それを見つけて人を好きになる。好きになられた人はイヤな気持ちはしないから」と説明し、一般社会でも通用するであろう長友流コミュニケーション術を伝えた。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7281840/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。