ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一年のスタートの日  1月1日生まれの性格とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 「一年の計は元旦にあり」。
 これは「最初に計画を立てることが大切だ」、そこから転じて「物事は最初が肝心だ」という意味のことわざですが、まさしく一年のスタートともいえる「元旦」は「1」という数字が並ぶという意味でも、とても重要な日であるといえます。

 「誕生日占い」シリーズの著者として知られるはづき虹映さんは、「1」から「9」の数字にはそれぞれ意味が隠されており、その意味を知ることで数字の持っている力を十二分に引き出し、人生に活かすことができるとしています。
 「1」は、数字の先頭。そのため、「最初」「スタート」「始まり」といった意味を示しています。発展やスタートというところから新しい何かを始めるならばピッタリなのです。だから、この日に計画を立てて実行するという意味では、確かに1月1日はうってつけなのかも知れませんね。
 また、「1」を意識して生活に取り入れると、澱んでいたエネルギーがスムーズに流れ出すほか、「1」の形は「矢印」の象徴でもあるので、今やろうとしていることや選択しようと思っている方向に対して、肯定と承認の意味が込められているそうです。

■1月1日に生まれた人たちの性格とは?
 1年366日(2月29日含む)それぞれ性格を説明するはづきさんの最新刊『365日誕生日全書』(世界文化社/刊)から1月1日のページを開いてみましょう。

 まず、1月1日生まれの人は根っからのリーダー、大舞台でも物怖じしないとあります。そして、自分の意志とは関係なく、大勢の中にいても、ひときわ目立つ存在であり、華やかな主役のオーラを身にまとっているといいます。
 また、さっぱりした大らかな性格で、面倒見も良い親分・姉御肌タイプ。つまり、リーダー気質あふれる存在であるということです。
 いかがでしょうか、周囲にいる1月1日生まれの人は当てはまっていますか?
 この日に生まれた有名人はJ・D・サリンジャーや夢枕獏氏、高橋源一郎氏といった作家陣の名前が並ぶほか、近代オリンピックの父ともいえるピエール・ド・クーベルタン、映画「ONE PIECE FILM Z」も絶好調のマンガ家・尾田栄一郎氏から、堂本光一さん(KinKi Kids)や役所広司さんら、芸能界で活躍している方々もいます。

 自分の性格は一体どのようなものか? そして、今年はどんな位置づけになる年なのか? そして、具体的にどんなことをしようか。新年に一念発起したい人は『365日誕生日全書』を参考にしてみるといいかも知れません。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
日本のリーダーたちの本当の性格とは?
ビジネスで最強の数字は「980」?
男性が萎えてしまう女性の一言とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP