ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国 生け花の起源を主張したいも無理あり“経由”と説明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国の検索サイト、ヤフーコリアが提供する百科事典では「現代の生け花の形態は仏教の起源と発達に由来する点が多い」とした上で、「中国を経て韓国に伝来し、仏教の伝播とともに日本に渡った」と説明している。

 それに対し、「生け花のルーツは大きく3つある」と説くのは、昨年、未生流笹岡三代家元を継承した笹岡隆甫氏だ。

「1つは神の依代としてのルーツです。日本人は古来、八百万の神が自然の山、木、岩などあらゆるものに宿ると考え、崇拝していました。山中にあった1本の枝を切って家に持ち込み、神の宿る依代としたのです。これは仏教伝来以前の話。現在もその名残として門松などを飾ります」

 2つ目のルーツが仏前の供花だという。平安時代後期の作と伝わる『鳥獣人物戯画』には、蛙の本尊の前で猿の僧侶が経を唱える場面に、卓の上の花瓶に蓮の花が生けてある様子が描かれている。

「さらに、『万葉集』には縁側に大きな甕を置き、桜の枝を挿したという記述があります。宗教色の薄い、観賞のための花です。以上3つのルーツが混ざり合い、現在の生け花が出来上がっていったと考えられています。仏教だけが唯一のルーツではないことを、我々日本人もきちんと理解しておかなければならないと思います」(笹岡氏)

※SAPIO2013年1月号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
仏前結婚式 木魚と鐘の「ポクポクチ~ン」で「おめでとぉ~」
今年の花粉飛散、去年の10倍以上の予測も 日本一はいわき市
日本人の名字 千年遡ると大半が天皇家か藤原氏にいきあたる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP