体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

要らないケータイを思い切って売ってみました!さらに、高く売るコツを中古販売店に聞いてきた【レポート】


秋葉原へ行ってみました!
いよいよ2012年も残り数日となり、まさに年の瀬といった感じです。昨日で仕事納めという人も多いかと思います。

また、年末というものは、何かとお金の出費が多いものですね。ということで、今回は自宅にある要らないケータイを売りにいってきましたので、その様子を紹介します。売りに行ったのは、中古販売店も多くある秋葉原へ。

ここ数年でスマートフォンが急速に普及してくるにつれて、スマートフォンからスマートフォンへ機種変更するユーザーも増えてきました。

その中で、使っていないケータイやスマートフォンを持っている方も多いのではないでしょうか。

予備のケータイとして利用するのももちろんアリですが、今回は「売ってみる」という選択肢もあるよということで、実際に買い取りしてもらってきました!

今回おじゃましたのは、秋葉原に店舗を構えるスマートフォン 携帯電話 高価買取 IN 秋葉原 ∴MOBILE×HEADさん。秋葉原最強をめざすケータイ・スマートフォンの買取業者だそうです。

大きな地図で見る
場所はここ。秋葉原駅より徒歩5分程度の場所にあります。

R1060147

店構えの外観。路面がわに大きく文字が掲載されているのでわかりやすいです。

実際の店舗は画像の入り口より地下に降りたところ。細い階段で、入るのにちょことだけ勇気が要ります。

R1060145

今回私が買い取りしてもらったのはこの端末。iPhone5へ機種変更し、SIMカードも無いのでどうにも使い道が無くなってしまった「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」、なぜか自宅に2つある「Optimus chat L-04C」、Xi対応モバイルWi-Fiルーターの「BF-01D」、コンパクトなエントリースマートフォン「P-01D」の4つです。

買い取りは本人確認書類(運転免許や保険証)の提示と、買取申込書に記入するだけで、すぐに終わりました。その時間、約5分程度です。

詳しい買い取り金額は、同店のブログにてご確認下さい。

ここで、高く買い取りしてもらうコツを店長さんに聞いてみました!

■高く買い取ってもらうコツは?
当然新品未使用品が最も高いそうです。使用品(中古)の場合は、箱や説明書、ケーブル類、メモリーカードなど同梱品の欠品が無いほうが高いとのこと。

また、当然ですがケータイにキズが付いていないこともポイントだそうです。

例えば、ケースを付けていてもケース内にゴミがあった場合、それがキズの原因になってしまう場合があるそうなので、そこも注意だそうです。

キズを付けないためには柔らかいポーチなどにケータイを入れると良いそうです。

さらに、ポケットなどにケータイを入れると汗で水没反応を起こしてしまう場合があるそうなので、注意したほうが良いとも。

■買い取りできないケータイはありますか?
当然ですが、盗難品は買い取れないそうです。当然ですね。それと、各キャリアで提供している補償サービス加入中の端末も買い取れないそうです。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。