ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚式の最大の演出。さあハンカチの用意はいいですか!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

両親への感謝を感動たっぷりに花嫁が読みあげる涙の手紙。披露宴ではもらい泣きをする出席者も多いようです。でも、なぜ人前で親に感謝をするのでしょうか。感謝は人前で言葉にすべきものなのでしょうか。結婚式に出席した人に花嫁の手紙をどう感じているのかを聞いてみました。
「先日友人の結婚式での花嫁の手紙は本当に感動しました。かなり長文でしたが、彼女が両親にどんなに可愛がってもらったかがよく分かりました。『ずっとお父さんとお母さんと一緒に居心地のいい家にいつまでもいたかった』という一文で思わず涙が溢れました」ゆかりさん(28歳)

「母とはずっと仲が悪かった5歳年上の姉が結婚式の手紙の中で、『今までずっと言えなかったけどお母さんと私は性格が似ている。似ていたから素直になれなかったこともあったけど、本当は大好きだった』と告白したんです。ずっと姉に嫌われていたと思っていた母は号泣していました」まゆかさん(25歳)

「花嫁の手紙を司会のフリーアナウンサーの女性がものすごく感情を込めて読んだのですが、すごくわざとらしくて……。後日、友人に『どうして自分で読まなかったの』と言ってしまいました」あやかさん(31歳)

「花嫁の手紙は親に感謝する自分に酔って書かれたもの」「自己満足の手紙」という辛口の声もあるものの、手紙を読んだ花嫁たちからは「感謝の言葉が伝えられてよかった」との声が圧倒的でした。
では、感謝の心を受け取った母親たちの気持ちはどうだったのでしょうか?

「大学時代の同級生と結婚した娘の手紙には、京都の大学へ進学するのを私から反対されたことが書かれていたんです。『あの時お母さんは反対したけど、京都の大学に進学したから彼と出会い今日の日を迎えることができました』ってその通りなんですけど、何も私が反対したことまで親戚の前で言わなくても」マサミさん(53歳)

感謝の手紙であっても、人前で言ってほしくないこともあるようです。

「手紙ではたくさんの習い事をさせてくれたことへのお礼を言われたんです」というユウ子さん(55歳)

「私が娘の可能性を見出そうとピアノやフルート、バレーに水泳や絵画まで、いろいろな習い事をさせたことを言われました。娘は何を習わせてもすぐに飽きてしまい、なにひとつ成就できなかったわけですから、自分の恥になることをわざわざ彼のご両親や大勢の人の前でいうこともないのに」

母親に感謝をしてくれていることは嬉しい。でも、どんな場面でも親は子どもの身になって考えているようです。花嫁の手紙にまでチェックを入れてしまうのは親心ですね。

最後に、娘さんが結婚式をあげたレイコさん(52歳)の話を紹介します。
「結婚式の前日まで娘は披露宴の準備で忙しくイライラとしていて、当日も家を出ていくのに部屋が片付いていないと私が叱ったことで喧嘩になり、娘はブスッとして結婚式場に向かいました。式の間は緊張していて涙も見せなかった娘ですが、披露宴のラスト、花嫁の手紙では私や主人への感謝の言葉を泣きながら読み上げてくれました。嬉しくないと言えば嘘になります。でも主人とも話したのですが、人前でお礼を言われるよりも家をでるときに、三つ指ついてとはいいませんが、せめてひとこと、顔を見て『ありがとう』の言葉がほしかったです」

普段は照れくさくて言えなかった親への感謝の言葉を、結婚披露宴での手紙だからこそ、思い切って言えることもある。自己陶酔や自己満足と言われようとも、感謝の心を人前で表すにはそれも必要かもしれません。

でも両親を泣かせる花嫁の手紙のマニュアルを見て、例文通りに書くのはどうだろうでしょうか。最高の結婚式にしたいのは花嫁なら誰もが同じ思いですが、感謝を演出にしてしまうと心は伝わらない。演出も大切ですが、人前ではなく両親と向き合って「ありがとう」と頭を下げることを、親たちは望んでいるような気がしました。 (オフィスエムツー/三田村ゆりあ)

外部サイト

結婚式の最大の演出。さあハンカチの用意はいいですか!
産まない選択をした独女たちのそれぞれの事情
男性たちはココを見る! 女子力高子のバックの中味

(http://news.livedoor.com/article/detail/7274949/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。