ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

剛力彩芽ファンに限っておススメ?人気アプリ『漫画カメラ』にTVドラマ版『ビブリア古書堂の事件手帖』フレーム配信

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
漫画カメラ「ビブリア古書堂の事件手帖」

極度の人見知りである古本屋の店主・栞子が古書にまつわる謎を解決していくというストーリーが読書好きの心をくすぐる『ビブリア古書堂の事件手帖』。2011年にメディアワークス文庫から刊行以来、じわじわと人気が上昇。既刊3冊の類型で300万部を超えるベストセラーになっています。

そんな『ビブリア』がフジテレビ系列でドラマ化が決定! …まではよかったのですが、栞子役に剛力彩芽が起用したことでファンの間からは異論が殺到。確かにロングヘアでおしとやかな美人という栞子と、明るく元気なショートカット娘な剛力とはだいぶイメージが違っています。剛力は「栞子のイメージ像を全部覆そうかと思っています」という強気発言をしていますが、これでは不安が増すばかり…。

そんなドラマ版『ビブリア』、撮った写真をマンガのように加工してくれることで人気のカメラアプリ『漫画カメラ』とコラボしたフレームが登場しています。

フレームには剛力と五浦大輔役のAKIRAが写っており、真ん中に大きく自画撮りするちょうどよく「あけおめ」というメッセージになるというデザインになっています。

しかし…越島はぐさんのキャラクター原案とも、『月刊Asuka』(角川書店)で連載されているナカノさんのマンガとも、『good!アフタヌーン』(講談社)連載の交田稜のマンガともかけ離れた絵になってしまうので、思わず「誰得?」と首をひねってしまいます。

剛力ファンの方にとってはコレクションしておく価値があるかもしれませんが、『ビブリア』ファンからはまたしても賛否両論が出そうです。

ちなみに『漫画カメラ』では、「お正月フレーム」を使ってアプリ内からFacebookやTwitterに投稿することでおみくじ結果と抽選番号が自動的に合成され、抽選で100名様に500円分のAmazonギフト券が当たるキャンペーンを開催中。アプリを既に使っているという人はダメ元でやってみてもよさそうです。

漫画カメラお年玉キャンペーン
http://tokyo.supersoftware.co.jp/mangacamera_otoshidama/

カテゴリー : エンタメ タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。