ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美輪明宏紅白初出場は韓流排除も影響 きゃりーと衣装対決案も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 美輪明宏(77才)が2012年『第63回紅白歌合戦』に出場すると決まってから、何かと注目を集めている。

 美輪が歌う『ヨイトマケの唄』は、美輪がまだ「丸山明宏」として駆け出しの歌手だった1965年に発売されたもの。端正な顔立ちで、戦後の復興期を貧しくも懸命に生きる人たちの姿を切々と歌い、40万枚を売り上げる大ヒットとなった。

 しかしその直後、歌詞中に差別用語があると指摘され、一時要注意歌謡曲に指定されたこともあった。

「当時NHKは、美輪さんにその年の紅白出場のオファーを出していました。でも持ち時間が3分程度だったので、『ヨイトマケの唄』を歌うとなると短縮バージョンで披露するしかなかったため、その時は美輪さんのほうから断ったんです」(テレビ局関係者)

 それから47年。今になってなぜ、美輪は紅白に選ばれたのか? それには、NHK側のこんな苦しい事情があったという。

「今年(2012年)は、昨年(2011年)出場した東方神起やKARAといった韓流もいないし、レディー・ガガ(26才)や吉田拓郎さん(66才)や竹内まりやさん(57才)といった国内外の大物歌手も出場させることができませんでした。

 しかも、小林幸子さん(59才)がいなくなったことで派手さもない。そこで美輪さんを起用し、きゃりーぱみゅぱみゅ(19才)と衣装対決をさせようという話があがっているそうです」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2013年1月10・17日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
紅白出場者最少県は石川(1人)次点は福井、鳥取(2人)
今年の紅白歌合戦出場者を大胆予想 演歌歌手の数は8割減少
紅白歌合戦出場者数は東京が1位 人口比では沖縄が1位

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP