ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』448日目——私は添い寝だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 

私は添い寝だ。

丘の崖から落ちて絶命し、人間の手に落ちずにすんだ片眼の月の輪熊に少年世一がする、添い寝だ。後ろ肢に銃弾を喰らい、落下の途中であちこちの岩に叩きつけられて骨がばらばらに折れ、内臓がぐしゃぐしゃになったからこそ、そんな人目につかない狭い隙間におさまることができたのだ。また、見る気になれば何でも見える眼を持ち、ぐにゃぐにゃした体を持つ世一だからこそ、そんな場所の熊を捜し当て、近づくことができたのだ。

熊は依然として熊の原型をよく保っていた。しかしそうはいっても、世一はひと目で相手の死に気づいた。よしんば生きていたとしても、世一はためらわずに近づいたに違いない。世一は熊の割れた頭を幾度も幾度も撫でてやり、それから脇腹を下にしてその傍らに横たわった。そうやって世一はしばし憂いに沈んだ顔をしていたが、やがて死者のために口笛を吹き、吹き鳴らしながら、毛むくじゃらの大物を抱く腕に少しずつ力をこめていった。

だが私にいわせれば、どこからどう見ても熊のほうが世一を抱いている恰好だった。すでに長いこと生きた、世一よりも生きた熊は、これまでにもう何頭も仔を産み、そんな風に抱き締めて育てあげたのだ。世一は日没が迫るまで、丘の上で母親が呼ぶまで、熊の傍らを離れなかった。そして世一は家へ帰ってからも熊のことを誰にも話さなかった。体についている毛のことを姉に訊かれても、黙っていた。
(12・22・金)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP