ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『モテキ』監督が小阪由佳にAV勧誘 「MUTEKIを撮ろう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あのお騒がせアイドル小阪由佳がニコニコ生放送で泣いた。2004年に『ミスマガジン』グランプリを獲得。その後グラビアアイドルとして活躍した彼女がまさかの激太り。三段腹を見せながらの前代未聞のライブを行ない、2010年に芸能界を引退した。あれから2年。小阪は23kgのダイエットに成功し、かつての美貌を取り戻してファンの元に帰ってきた。

 復帰後初の生放送となったのは、2012年12月20日放送のブロマガ『NEWSポストセブンちゃんねる』(小阪由佳×吉田豪『失格アイドル』出版記念特別公開生インタビュー)。プロインタビュアー・吉田豪氏の軽妙なトークに乗せられ、笑顔で話し続けていた小阪に変化が訪れたのが番組の終盤。吉田氏がサプライズとして、映画監督の大根仁氏に電話をかけた時だった。

 映画『モテキ』などの監督として知られる大根氏は、小阪が初出演したテレビドラマ『アキハバラ@DEEP』(TBS系)の監督でもあった。小阪にとってこのドラマ出演は人生の転機となったようで、大根監督はまさに恩師といえる存在。

「いろんな騒動を起こして、心配してたんだぞ!」という大根氏の叱咤に小阪は「心配してくれてたんですか? その声だけでもう泣いちゃいます」と顔をクシャクシャにして泣いてしまったのである。

 しかし、感動の再開はここまで。大根氏が「特に心配していた」という小阪の今後に話題が移ると、「ところでお前、このままダイエット成功したからMUTEKIとかそういう流れじゃないだろうな? どうなんだよ?」 と、噂になっていた芸能人専門AVメーカーMUTEKIへの“とらばーゆ”について突っ込んで聞き始めたのである。

 もちろん小阪は、「それはないです! 私の意思はそっちに向いていません」と完全否定。大根氏はそれを聞いて安心するのかと思いきや、むしろ逆だった。

「それはそれで応援するし、買うぞ。いや、お前がMUTEKIに出るんだったら、俺が撮るよ。『モテキ』の続編は全然撮る気はしていないんだけど、MUTEKIだったらいいよ」

 まさかの『モテキ』監督がMUTEKIを撮る宣言。これには小阪も「ちょっと迷ってしまうかも…いやいや、やめてください」と困惑しきりだった。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
隠し子発覚のミヤネ屋・宮根誠司氏 「子供はどちらも宝」
風邪や季節の変わり目に喉をケア 「大根はちみつ」の作り方
紅白出場危機の小林幸子の衣装「メガツリー」構想があった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。