体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】懐古ゲームファン号泣の『NEOGEO X』が届いた! 豪華セット限定生産で1万9900円

「100メガショーック! ネオジオ!」のキャッチフレーズでおなじみだったSNK(現SNKプレイモア)の人気ハード『NEOGEO(ネオジオ)』をご存じだろうか。ゲームセンターのゲームを家庭でそのまま遊べるというのがコンセプトで発売されたゲーム機。大きな筐体に大きなロムカートリッジ。300メガビット以上という当時では大容量のゲーム容量にユーザーは釘付けになった。

そんな『NEOGEO』がSNKプレイモアの公式ライセンスを受け、『NEOGEO X』(アジア英語版)として復刻したのである。『NEOGEO X』は当初12月6日の発売だったが、国内では延期され12月28日となった。正式名称は『NEOGEO X GOLD ENTERTAINMENT SYSTEM』。

同梱内容は『NEOGEO X』という携帯型本体端末、そして『NEOGEO X ステーション』というネオジオ本体のような物、さらにアーケードの雰囲気を味わうための『NEOGEO X アーケードスティック』が1つ付いている。大まかなセットはこれらとなっているが、細々とした物としてはACアダプターやHDMIケーブル、ステレオAVケーブル、マニュアル、初回特典カードなどが同梱されている。

『NEOGEO X』 …… 携帯ゲーム機端末。HDMI、AV出力可能。
『NEOGEO X ステーション』 …… ネオジオ本体を模した筐体。『NEOGEO X』をドッキングさせる。
『NEOGEO X アーケードスティック』 …… ネオジオのスティック。USB接続。

『NEOGEO X』は単体で遊ぶことができバッテリー稼働式。フル充電された状態で3、4時間遊ぶことが可能。既に本体の中に20タイトルが入っている。今後はNEOGEO X ゲームカード経由でゲームが追加されていくそうだ。電源を入れると『NEOGEO』が起動しメニュー画面が起動する。そこでゲームを選択し好きなゲームを遊ぶことが可能。

映像信号規格はNTCSとPALを選ぶことができる。また画面比率は引き延ばされた状態と、従来の比率を選択可能。

『NEOGEO X』のスティック部分は『ネオジオポケット』に似たような感触で、方向を入力すると「カチャカチャ」と音がする。ボタンは前面にABCDボタンの4つだが、上部にR1、R2、L1、L2が付いている。これで画面比率を変更したりするようだ。

早速ドッキングしてみよう

この『NEOGEO X』を『NEOGEO X ステーション』とくっつけることができるのだ。そうすることにより『NEOGEO X』を充電しながら、テレビに出力し『NEOGEO X アーケードスティック』で遊ぶことができる。上部にロムカートリッジを入れる場所があるが、実はここはダミー。本体前面にフタを開ける場所があるので、そこからパカっと開けよう。すると中に『NEOGEO X』を置く場所があるので、HDMIをうまいこと差し込んで完了。ちなみに差し込む際は『NEOGEO X』の電源をオフにしておこう。

あとは『NEOGEO X ステーション』をACアダプターでつなぎHDMIかステレオAVケーブルでテレビに出力すれば良い。電源を入れれば同様にネオジオが開始される。このときはUSBで接続された『NEOGEO X アーケードスティック』で操作しよう。ちなみに二人で遊びたいときは、『NEOGEO X アーケードスティック』をもう1つ購入する必要がある。こちらは1000台限定で5250円となっている。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。