体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豪華アクト集結! 佐藤タイジ主催ライヴ〈THE SOLAR BUDOKAN〉をレポ

 

佐藤タイジ (写真提供:WOWOW)

 

THEATRE BROOKやTAIJI at THE BONNET、The Sunpauloなどのバンドで活躍する佐藤タイジ主催のライヴ・イヴェント〈THE SOLAR BUDOKAN〉が、12月20日に東京・日本武道館で開催。ここではその模様をレポートします。

 

THEATRE BROOK (写真提供:WOWOW)

 

「よっしゃー、100%ソーラーで出来ましたー! われわれには出来るのだ。自信を持って前進しようじゃないか!」。

仲井戸“CHABO”麗市、Char、土屋公平、奥田民生という奇跡のような顔ぶれが奏でる4本のギターに囲まれ、この日の出演者全員が居並ぶステージで自らもギターを抱えながら、THEATRE BROOKの“ありたっけの愛”を歌う佐藤タイジの声が日本武道館いっぱいに響き渡る。

 

仲井戸“CHABO”麗市 (写真提供:WOWOW)

Char (写真提供:WOWOW)

 

「100%グリーンエネルギーを使って日本武道館でライヴをやりたい」。約1年9か月前に起きた東日本大震災のあの日を機に生まれた彼の切なる願いは、当初とてつもない夢物語のように思えた。けれど、震災直後に復興支援イヴェント〈LIVE FOR NIPPON〉を立ち上げ、ギター1本を手に被災地を巡り、各地域ごとに自然エネルギーの電力会社を興す〈インディーズ電力のススメ〉を謳い、強者ミュージシャンと結成したTAIJI at THE BONNETとして、その決意を歌い奏でてきた佐藤にとってそれは、必ず実現しなければならない大きな使命だった。

 

加藤登紀子 (写真提供:WOWOW)

浜崎貴司 (写真提供:WOWOW)

 

この夜の武道館には、そんな彼の熱い思いに賛同したミュージシャンが一堂に会したが、その顔ぶれは日本のロック・シーンを凝縮したかのように超豪華! 先述の仲井戸“CHABO”麗市、Char、土屋公平、奥田民生に加え、加藤登紀子、藤井フミヤ、吉川晃司、斉藤和義、浜崎貴司、屋敷豪太、増子直純(怒髪天)、和田唱(TRICERATOPS)、田中和将(GRAPEVINE)、KUMI&NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)、Leyona、Salyu。単独で武道館をいっぱいに出来るメンツが次々とステージに登場し、佐藤タイジ率いるインディーズ電力やTHEATRE BROOK、TAIJI at THE BONNETによる演奏をバックに、見事な歌声や演奏で各々の代表曲を披露していく。しかも藤井フミヤと奥田民生、土屋公平とカホンを叩く屋敷豪太、怒髪天の増子直純とバインの田中和将といった、音楽ファン感涙の超レアな組み合わせによる競演もあり、武道館に集った観客を大いに熱狂させる。

1 2 3次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。