ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤフー、Android向け「防災速報」アプリに「現在地連動通知」機能を追加、登録エリア以外の災害情報も受信可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヤフーは12月26日、同社のAndroid向けに提供している防災情報配信アプリ「防災速報」に位置情報と連動して現在地の防災情報をプッシュ通知する新機能を追加したと発表しました。防災速報アプリは、地震情報、豪雨予報、気象情報などをスマートフォンの画面上に速報的に通知するアプリ。これまでは、事前に登録した3つのエリアの情報を受信することしかできませんでしたが、追加された「現在地連動通知」機能により、登録エリア以外の場所の災害情報も受信可能になります。この機能は、アプリに追加された「現在地連動通知」オプションを「オン」に設定することで有効となります。利用するには事前にAndroid端末の設定メニューにおいて、位置情報の取得をONにしておく必要があります。「防災速報」(Google Playストア)Source : ヤフー



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile C6603"Yuga"の実機画像がまた流出、C6603の小型モデルも開発中か?
ATOK for Androidがv1.5.2にアップデート、テンキーがマルチタッチに対応、様々な不具合も解消
三井住友銀行がAndroid向けに店舗・ATM検索アプリをリリース、AR技術を活用した店舗案内機能も搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。