ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役の野球選手やOBが明かした年俸交渉のウラ話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

25日放送、「中居正広のプロ野球魂」(テレビ朝日系列)では、プロ野球選手とそのOBが、年俸交渉のウラ話を暴露した。

同番組には、現役選手と大物OBが出演。現役選手は、牧田和久(西武ライオンズ)、秋山翔吾(西武ライオンズ)、小田幸平(中日ドラゴンズ)など、若手からベテランまで人気選手が出演。OBには、工藤康文氏、片岡篤史氏、広澤克実氏ら、豪華なメンバーが顔を揃えた。

特に、ネット掲示板でも話題となったのは、プロ野球選手の年俸を決める「査定」だ。片岡は「一般人に公表される打率などの結果だけでなく、細かい状況下で査定がなされている」と明かし、査定担当者曰く、毎試合ごとに勝敗とは関係なく選手のデータを採り、年俸に反映されているという。

また、小田は、交渉に有利に働いたプレー以外での「実績」を語る。「球場で販売される(選手の名前入りの)弁当の人気を認められた」「ベンチでの『声出し』を評価された」「ロッカーでの『雰囲気作り』も評価された」と告白すると、「ロッカーの雰囲気作り」が年俸を左右したことを「ロッカーに小銭が落ちている」と例えている。

一方で、阪神のコーチを勤めたことのある広澤は「現役の選手は知らないと思うけれど」と前置きしつつ、「査定担当者も判断できない内容については、担当者がコーチに話を聞く」という事実を明かしている。さらに「コーチに嫌われると不利な報告をあげられることもある」と続けた。

こうした話が紹介されると、ネット掲示板では「知らなかった」「これをテレビで言っていいものかと」「これ放送してええんかw」といった驚きの声が続々と寄せられた。

【関連記事】
【頼んでもないクリスマスプレゼント】福留孝介、阪神タイガース入団へ
内海「生涯巨人」4年16億円、阿部超えG最高の1億8000万円アップ
G杉内、年俸5億円も…忍び寄る勤続疲労の影 WBCの重圧も
つば九郎に「グラゼニ」がオファー…ヤクルト

(http://news.livedoor.com/article/detail/7267490/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP