ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ATOK for Androidがv1.5.2にアップデート、テンキーがマルチタッチに対応、様々な不具合も解消

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャストシステムは12月26日、Android向け日本語対応の文字入力アプリ「ATOK for Android」の最新版v1.5.2をリリースしました。今回のアップデートでは、テンキーがマルチタッチ入力に対応し、シフトキーや文字キーの同時押しが可能になりました。両手を使って文字入力する際、キー上に指を置いたままでも文字の入力が可能になります。この機能は、ATOK設定→「入力補助」→「マルチタッチ」でON/OFFできます。また、ATOK辞書にセガの「Kingdom ConquestII」辞書が追加、他の事象もアップデートされているそうです。その他改善点として、カナ英数変換機能の強化、端末を再起動すると入力方法の選択が外れる事象、ATOKメニューが表示されない事象、ブラウザでの入力で意図せず確定される事象、カスタムテーマで設定した画像が粗くなる事象、L字メニューからパネルが開かない事象、濁点・半濁点がフリック入力で入らない事象、ATOKキーワードExpress、ATOK Syncで自動受信されない事象、ATOK拡張辞書の候補が表示されなくなる事象の改善が施されているそうです。「ATOK for Android」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
三井住友銀行がAndroid向けに店舗・ATM検索アプリをリリース、AR技術を活用した店舗案内機能も搭載
中国OPPO、5インチフルHDスマートフォン「Find 5」の日本発売を予定
Android向けホームアプリ「Holo Launcher」有料版の50%OFFセールが期間限定で実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP