ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毛布が下は間違ってた! 最高にポカポカする「正しい毛布の重ね方」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


抱きしめてくれる彼氏がいないから、この冬の寒さはとくにこたえる……なんて言ってるあなた! 
凍えそうな体を優しく包み込んでくれるアレ」があるじゃないですか☆ 柔軟性と包容力があって懐も大きい……そう、毛布です!
毛布が1枚あるかないかで、お部屋の中でもずいぶん体感温度が変わりますよね。
でも、就寝時の毛布の使い方、本当は掛布団の上にかけるものだって知ってました!?
それというのも、毛布の役割はその保温性にあるよう。あのフワフワで直接温まるものではなく、寝ているときの熱を逃さないために使うものらしいのです!
かくいう私も30年間まちがった使い方をしていたわけで、いつも下から敷布団→毛布→掛布団の順でした。それでもとくに疑問を感じたりもしていなかったので、この雑学には目からウロコ。
ネタ元のブログの筆者さんも、掛布団の下に敷いていたときは4枚かけて寝ていたのが、毛布を上にかけるようになってから3枚で済むようになったといいます。
布団の重みで寝苦しい夜を過ごしている人がいたら、まずは毛布をかける順番を変えてみてはいかがでしょうか!?
それにしても、毛布の長所はあの肌触りにあるのも事実。やっぱり毛布に直接抱かれていたい! という人にオススメなのが、大ブーム中の着る毛布です☆
全身くるまれるし、軽くて手軽、お値段もお手頃の着る毛布。数年前の登場以来、注目度はうなぎのぼり! あまりの心地よさで気持ちがゆるみ、家事などをする気がなくなってしまうことから、最近では「こたつに次ぐ廃人製造機」なんて呼ばれているよう(笑)。
というように、寝ているときも起きているときも大活躍してくれる毛布。エコ&暖房費の節約のためにも、ぜひ正しい使い方であったまってくださいね☆
そしてできれば、この冬が終わる前に、好きな彼と一緒に同じ毛布にくるまれたいものですなぁ……(遠い目)。
photo by Thinkstock/Getty Images
トリッコのエサやり
(トレンドウォッチャー/小坂井良子)



(グリッティ)記事関連リンク
運命のデトックス! 2013年をハッピーに過ごすためのお掃除術
目ヂカラUPの「オーロラ」シャドウ☆「今週のカワイイ情報」(プレゼントあり)
Twitterで共感の声多数♪ DJあおい嬢の「恋愛名言」☆

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP