ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GALAXY×チェルシーオリジナルカバー キャンペーンが届いたので早速GALAXY Note II SC-02Eに装着してみた【レビュー】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


サムスン電子ジャパンが同社製最新スマートフォンおよびタブレットの「GALAXYシリーズ」のうち、NTTドコモ向け「GALAXY Note II SC-02E」や「GALAXY SIIIα SC-03E」、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」の3機種を対象として、先着総勢2万5000名にイングランドの名門サッカーチーム「チェルシー」とコラボレーションしたオリジナルカバーをプレゼントする「GALAXY × チェルシーオリジナルカバー キャンペーン」を実施しています。

すでにキャンペーンの内容についてや、購入したGALAXY Note II SC-02Eで早速申し込んでみた模様を紹介してきましたが、先週末に早くも応募したオリジナルカバーが届いたので、GALAXY Note II SC-02Eに装着してみたところなどを紹介したいと思います。

キャンペーンページには、応募から郵送されるまで1ヶ月程度かかることが記載されていましたが、思ったよりも早い到着でした。オリジナルカバーはこのようなブリスターパックにて届きました。

開けてみると、キャンペーンについての紙(挨拶状)とオリジナルカバーが入っています。オリジナル品ですが、ちゃんとした製品のようにパッケージングされています。

今回、筆者が申し込んだのは、GALAXY Note II SC-02EのB賞のほう。A賞のチェルシーのチームロゴをあしらったほうが人気かなと思って申し込んだのですが、周りでは、このユニホームを模擬したB賞のほうが多かったようで失敗したかなとも思ったり。

オリジナルカバーを開けてみたところ。電池カバーを取り外してはめる、電池カバー一体型のフリップカバーとなっています。GALAXY Note II SC-02Eの同梱品として付属するフリップカバーと同じタイプです。

電池カバーを取り外し、オリジナルカバーを装着してみます。オリジナルカバーのほうには、Felicaの補助部品はついてないようです。

GALAXY Note II SC-02Eに装着してみました。ホワイトモデルなので、白ベースのオリジナルカバーも違和感なく。

フリップを開いてところです。内側は特になにもなく、紙の手帳のような感じでGALAXY Note II SC-02Eを使えます。

裏面は、オリジナルカバーは紙のような少しざらざらした質感となっています。GALAXYのロゴも入っています。

フリップカバーなので、利用するときは、表面を裏側に折りまわして使います。電池カバー一体型なので、Sペンの抜き差しもワンセグのロッドアンテナの出し入れも問題ありません。

このようになかなか満足度の高いオリジナルカバーとなっています。残念ながらチェルシーは、先日行われていた「FIFAクラブワールドカップ2012」では、決勝で負けてしまい、クラブ世界一にはなりませんでしたが、プレミアリーグもやっていますし、今季は現在3位とまだ優勝を狙える位置にいるみたいなので、ちょっとの間、応援する気持ちでつけていようかなと思います。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
サムスン、GALAXY Note IIやGALAXY SIIIα、GALAXY Tab 7.7 Plusを対象にチェルシーオリジナルカバーが当たるキャンペーンを実施 – S-MAX – ライブドアブログ
GALAXY Note II SC-02Eで「GALAXY×チェルシーオリジナルカバー キャンペーン」に申し込んでみた【レポート】 – S-MAX – ライブドアブログ

外部サイト

スマホはディズニー、育児はiPadで!「UQコミュニケーションズ」のつばささん-UQ WiMAX編-【スマホ美女特集】
【スマートフォンやタブレットでも女子力を磨こう!女子力アップAndroidアプリ特集】
GALAXY×チェルシーオリジナルカバー キャンペーンが届いたので早速GALAXY Note II SC-02Eに装着してみた【レビュー】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7264570/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP