体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FPS初心者も熱狂した! 『Halo 4』の中毒性![レビュアー:ヒラノ課長]

FPS初心者も熱狂した! 『Halo 4』の中毒性![レビュアー:ヒラノ課長]

みなさんこんにちは、ゲーム実況者のヒラノ課長です。

『Halo 4』というSFスペースオペラの超大作を紹介する前に、まず筆者のことを少しだけ紹介させていただきたい。お恥ずかしながら私は、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)はおろか、TPS(三人称視点のシューティングゲーム)さえまともにプレイしたことのないヌルゲーマーである。

筆者がFPSに対して抱えていた漠然たるイメージは、「なんか難しそうで、地味」というFPS愛好家からしてみるとナメとんのかというモノであった(その分オンライン対戦でボッコボコのフルボッコにされたので許してねw)。

ではそんな筆者がなぜ、この『Halo 4』に魅せられ、熱狂しているのか

その答えは、この『Halo 4』という作品にヌルゲーマーな筆者が大好きな“空想”と“共闘”があり、それらを通して“自分の成長を実感”できていることにある。

FPS初心者も熱狂した! 『Halo 4』の中毒性![レビュアー:ヒラノ課長]

『Halo 4』(ヘイローフォー)

発売元:日本マイクロソフト株式会社
プラットフォーム:Xbox 360
開発:343 Industries(Haloフランチャイズのために設立されたスタジオ。フランチャイズデベロップメントディレクターのフランク・オコナーを始め、本シリーズに携わっていたスタッフも多数在籍)
ジャンル:FPS

ゲーム内容
キャンペーン:メインシナリオを進めるストーリーモード(詳しくは後述)
インフィニティ:オンライン、またはオフラインで楽しむマルチプレイモード(詳しくは後述)

それでは、筆者のプレイ体験と感想を、順を追って述べていこうと思う。

mission1:操作を体感せよ!

FPS初心者も熱狂した! 『Halo 4』の中毒性![レビュアー:ヒラノ課長]

初めて真剣に取り組む事になるFPSのSF超大作に胸をはずませながら、筆者は意気揚々と「かかって来いやぁ!!」と言わんばかりに説明書を探した! ……しかたないじゃないっすか、初心者なんだし、ま、まずは操作方法と基礎知識を把握しておかないと……。

だがしかし、説明書はどこにも見当たらなかった。そう、このゲームには説明書は付属していないのだ。

「触って感覚的に理解しろってことなんかな?」

そう思い、少し不安ではあるが「やってやるぜ!!」とキャンペーンモードの難易度を迷わずビギナーにした

FPS初心者も熱狂した! 『Halo 4』の中毒性![レビュアー:ヒラノ課長]

そして、ゲーム開始直後のムービーに息を飲んだ……。まるで実写の様だ。人物にはなんの違和感もなしにシワや皮膚が再現されている。光の当たり具合や演出も絶妙で、映画のようにハイレベルなグラフィックなのである。

それはなにも、ムービーシーンだけではなかった。シナリオのほとんどが未知の惑星での戦闘になるのだが、透けている床、独創的なフォルムの建造物など、「ここは本当に戦場なのか?」と疑いたくなるほどの美しい光景に、プレイ意欲をそそられた。

そうそう、肝心の操作方法や基礎知識なのだが、プレイしている内にすんなり理解することができた。ゲーム最序盤から、根本的な操作方法を教えてくれる演出がいくつかあり、なかでも驚いたのが、敵を殴って倒せるところ。FPSと言えば銃撃戦だが、それだけかと思いきや、違ったのだ。

1 2 3 4次のページ
ゲーム通信の記事一覧をみる

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。