ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2台同時にiPadの充電や4台まで同時にスマホやケータイなどの充電が可能な大出力ACアダプター「iBUFFALO 4A出力ACアダプター」を試す【レビュー】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ハイパワーなUSB4ポート出力のACアダプター
スマートフォンやケータイにタブレット、更に最近はモバイルWiFiルーターにモバイルバッテリーなど複数の端末や機器をいくつも持ち歩くユーザーも多いと思います。(断定)

自宅や会社、旅行・出張での宿泊先などでこれらの端末類をいくつも充電しようと思っても、一人で複数のコンセントを占拠するのも悪いかも…でも、まとめて充電したいというシチュエーションは複数台持ちユーザーにとっては…これもまたよくある場面かと思います。(更に断定)

今回は、そんな複数台持ちなヘビーユーザーにオススメなUSB4ポート出力が可能で、2ポート出力時ならiPadを2台同時やスマートフォンケータイ、モバイルルーターなら合わせて4台まで同時に充電が可能なUSB充電器「iBUFFALO 4A出力ACアダプター」を紹介します。


「iBUFFALO 4A出力ACアダプター」のパッケージ
■やや大きめの本体
外形は横幅51mm×厚さ25.5mm×長さ89mmとUSB出力を行うUSBアダプターとしては大きめです。USB4ポートすべてに大きな出力を行う為にこれだけの大きさになっているのですが、逆にACアダプターを複数持ち歩くなどを考えれば、荷物が減ることになります。


筆者がこれまで使っていたUSB4ポート2A出力のものと比べたところ、厚みは減っていますが、長さが倍近くになっています。


本体表側、充電中に点灯するLEDランプがある、このLEDランプは許容出力を超えると点滅をして知らせてくれます。



本体裏側のコンセントプラグは収納できるようになっています。本体裏に記載されている仕様を見ると4ポートのトータルで4.2A出力となっています。

■iPadは最大2ポート、それ以外は4ポート出力OK

左側面には「Apple」、右側面には「Android」と記載されたUSBポートが2つずつ配置され、充電に高い出力を必要とするiPadは「Apple」と書かれている方のUSBポートにケーブルを接続して充電を行います。iPhoneやAndroidスマートフォン・タブレットはどちらに接続しても充電可能です。

「Apple」側の2ポートにそれぞれiPadを接続することで2台同時に充電ができます。この場合「Apple」のポート2つで4Aに達してしまうので、「Android」側のポートに端末を接続しても充電できません。

また、本体のLEDランプが点滅して許容量が超えていることを知らせてくれる機能が搭載されています。これにより、機器にダメージを与えてしまう恐れがある出力超過の場合も、充電する機器を減らすなどして回避できるようになっています。


GALAXY Tabシリーズは付属のUSB出力変換コネクタ経由で充電する

■iPad以外なら特に難しいことを考えずに使ってもOK
iPod touchやiPhone、Androidスマートフォン端末であれば特に左右のポートを意識せず使っても充電できました。スマートフォンやPHS・ケータイをまとめて急速充電できるのは本当に便利です。

定価は税込4,200円と弱冠高めですが、Web通販では比較的安く買えるようになっており、Amazonでは約半額の2,100円前後で購入することが可能です。(2012年12月後半時点)


出先はもちろん、自宅でも寝る前に複数台のモバイル機器をまとめて充電できるほか、コンセントが一箇所の場所で電源のシェアもできるのでとても便利!オススメの一品ですよ!

記事執筆:河童丸

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
BUFFALO 4A出力対応USB充電器4ポートタイプ 製品ページ

外部サイト

2台同時にiPadの充電や4台まで同時にスマホやケータイなどの充電が可能な大出力ACアダプター「iBUFFALO 4A出力ACアダプター」を試す【レビュー】
【年末企画】2012年はサクサク度よりもスペックよりも大好きなREDカラー発売でワクワクした1年でした(もふもふ好き女性ライター・にゃんこ編)
NTTドコモ、dメニューにて2012年に好評だったAndroid向けアプリ&サイトを部門別に表彰

(http://news.livedoor.com/article/detail/7264183/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP