ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「阿部は6番くらい」 “番長”清原が言いたい放題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

23日放送、TBS「S1」では、野球解説者・清原和博氏が生出演を果たし、「清原が過激に斬る!プロ野球2012」として、今季の野球界を振り返った。

この中で、去就が注目されている松井秀喜の話題になると、「やっぱり寂しいですよね。僕が恵まれたのは、ライオンズの時に秋山さんがいたり、ジャイアンツの時に松井選手がいたり」と言いかけた清原氏に、野村克也氏が割り込む格好で「清原はメジャーに挑戦する気持ちはなかったの?」と質問する場面があった。

すると、清原氏は「僕は、アメリカ嫌いだったんで」とキッパリ。「日米野球でプレーした時に、全然勝てなかったんですね。1勝9敗とか。(米国が)時差ボケでやっと(日本は)1勝。それを体験しているので、特にバッターは」と理由を語ったが、松井の話しに戻ると「戻ってきてほしい。またジャイアンツのユニフォームを着てほしいですね。全然いけると思います。(巨人の55番は大田泰示だが)ひきはがせばいいじゃないですか?」と“らしい”発言も。

また、「4番阿部よりも、4番松井秀喜の方がね」と続けた清原氏。この発言から、“番長”の標的が阿部慎之助に向いた。

今季は打率・打点の2冠に輝き、5億7000万円で契約更改を終えたWBC侍ジャパンのキーマンでもある阿部だが、「やっぱり阿部は6番くらいでしょ」と一蹴した清原氏は、契約更改会見の場で刀を持つパフォーマンスを見せたことや、WBC日本代表が侍ジャパンと呼ばれていることなどを揶揄して、「切腹できるような腹してますか?あのブヨブヨの腹で。契約更改でチャンバラしてたじゃないですか?覚悟できてるんですかね?」と言いたい放題だ。

その真意を訊かれると、清原氏は「WBCの最後、韓国戦の試合でイチローがね、イム・チャンヨンとの(対戦時)。ドジャー・スタジアムが9割9分、韓国の応援だったんですよ。それで、審判がワンバウンド以外、見逃せば全部ストライクって言いそうな空気だったんです。それをことごとくイチローがファールを打って、(その最後に)センター前ヒットを打った。僕は全身鳥肌立ちました。その後、イチローは胃潰瘍になってるんですよ。皆さん、忘れてると思いますけど。その後、(イチローは)シーズンイン遅れてるんです。簡単に侍っていいますけど、切腹の覚悟あるのかって」と、イチローの覚悟を例に挙げ、阿部に喝を入れた。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7262432/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP