ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レスリング 米満達弘の意識改革、苦手な決勝で自信を得た訳

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先のロンドン五輪、男子レスリング・フリースタイル66キロ級で、見事金メダルを獲得した米満達弘。1988年のソウル五輪で途絶えた24年ぶりの“金”を男子レスリングにもたらした26歳が、胸に秘めた想いを語った。

24日、テレビ朝日「報道ステーション」では、「日本24年ぶり悲願へ 米満達弘“重圧”と“教訓”」と題し、米満に行ったインタビューの模様を放送した。

「人間っていうのは、プレッシャーがないと行動ができない。大きなことがやらかせない。なので、プレッシャーっていうのは大切なもの。苦しいんですけどね」と切り出した米満だが、「決勝戦がもの凄く苦手なんです」と意外な告白も――。

米満は、昨年の世界選手権・決勝で敗北を喫しており、この時を振り返って、「準決勝に勝つと絶対にメダルは貰えるんですよ。銀か金か。お土産を持って帰れるのか、満足した自分が居た」と明かす。

以後、「金メダルを獲る」と言い続けるようになった米満は、「“金メダルを獲ります”って公言することによって、自分にプレッシャーをかける。もの凄い自分は弱い人間なので。弱いですね、心が。やらざるを得ない状況を作らないと、身体が動いてくれないんですよね。マスコミの人たちの前で“金メダルを絶対獲ります”って言ったときに、心の中では“大胆なことを言ってしまった”って、言った瞬間に自分にプレッシャーがかかってしまった。でも、練習とかもやらなきゃいけないって気持ちになる」と、その理由を説明した。

さらに、米満はある意識をしてロンドン五輪に臨んでいたことを明かす。「決勝で負けているときは、準決勝でガッツポーズをしていた。あれでもの凄い気が抜ける。緊張の糸が途切れる。準決勝で勝っても、全くではないですけどガッツポーズは(しないように)。意識しましたね」と話し、「アレを見た瞬間、今回は決勝もいけるかもしれない」と続けた。

米満が言う“アレ”とは、ロンドン五輪の準決勝で勝利したインドのクマールが試合後に観客席に雪崩れ込んで大喜びをしていたシーンだ。「(決勝で対戦する)相手は満足してしまった。まさしく去年の自分を見ているよう」と振り返ると、「誰でも、自分みたいに心が弱い人間でも、夢は叶う」と静かに語った。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7263602/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP