ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅田真央 努力する天才――“成長し続ける”ための6つの要素

DATE:
  • ガジェット通信を≫

浅田真央が順調だ。9日、ロシアのソチでおこなわれたグランプリ(GP)ファイナルでは、4年ぶりに優勝。23日の全日本選手権では、2年連続6回目の優勝を果たした。世界選手権の出場も決定している。

とはいえ、本人は“好調”とは思っていない。グランプリ(GP)ファイナルでは腰痛があったことを明かしていたほか、全日本選手権では構成点で最高得点をマークしたものの、ジャンプで犯したミスについて「良かった部分と悪かった部分があって、課題が見つかった。次に向けて頑張ろうと思った」などと語っていた。

結果ではなく、自分のなかでの課題をクリアしたかどうかこそが問題であり、常に挑戦し続けてきた浅田選手。そんな浅田選手の、ポジティブな“未来に向かって新しい挑戦に取り組む”スタンスに共感し、ブランドパートナーに選んだ住友生命は、浅田選手の出演するCM「私を強くするもの」で浅田選手を“練習、失敗、家族、涙、声援、プレッシャー、未来”と表現。「練習」「失敗」「家族」「涙」「声援」「プレッシャー」という6つの要素こそが「未来」をつくるとし、浅田選手の幼少時や練習風景などをつないだ動画である。

誰よりも練習する努力家。しかしたくさん練習しても失敗する大会もある。失敗といえば、なかなかジャンプを飛べず、悔し涙に暮れる浅田選手の姿を覚えている人も多いだろう。それでも浅田は練習こそが成功につながると、さらに努力する。そして家族。大切な家族のなかでも、いつも傍らには姉の浅田舞がいる。誰よりも浅田選手の理解者であり、「真央は私の誇り」と言い切る姉だ。プレッシャーは自分を信じることと、声援ではねのける――同社はその“声援”部分で浅田選手の支えになればと、スペシャルサイトを開設。浅田選手に贈るメッセージを募集し、浅田選手へ届けている。

辛い練習や腰の痛みがあっても、決して“悲愴な姿”を見せることなく、いつも天真爛漫なスマイルの印象が強い浅田選手だが、自信は「ひとつずつ終えた演技を積み重ねて」つけていくしかないもの。努力家で、タフ。ブレないその姿勢こそが、浅田選手を支える力となっているのだろう。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
浅田真央選手の母・匡子さん 娘の練習20時間見守っていた
高橋大輔 仲間に見守られながら浅田真央をぎゅっとハグ
浅田真央&高橋大輔 4月の世界選手権前に真剣交際開始

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。