ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2012年12月24日~12月31日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間+1日のあなたの運勢を占います。2012年12月24日~12月31日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:蟹座

新しい技術や知識を吸収できるとき。経験がないからと尻ごみせず積極的に挑戦してみましょう。特に過去に失敗したことや諦めてしまったことはこれまでと違った方法が効果的です。即座に目をみはるような結果は期待できませんが少しずつの進歩や成長を大切にして。

第2位:蠍座

自分の意思とは関係なく周辺が慌ただしい変化の兆しを見せ始めています。流れに乗り遅れないよう状況をしっかり把握しておきましょう。大勢の人と賑やかに過ごす飲み会のお誘いなどがあったら積極的に参加すると吉。刺激を受けたり有益な情報を得ることが出来そう。

第3位:水瓶座

穏やかな気持ちで楽しい時間をたくさん過ごすことができそうです。飲み会やパーティのお誘いには積極的に参加しましょう。ネガティブな発言はマイナスの印象を残しやすいので気をつけて。大きな決断はもう少し先送りにして吉。勉強不足と感じたら向上心に変えて。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/280554 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡羊座
大勢とワイワイ賑やかに過ごすよりも親しい人とじっくり語り合うような静かな時間を持つと吉。些細なことからこれまで見過ごしがちだった大切なことに気付くことができるでしょう。先入観を捨てて直感を重視するとさらに大きく得られるものがあるかもしれません。

第5位:双子座
会話を重ねることが成功の鍵となるでしょう。面倒くさがらずに人の話に真摯に耳を傾けること。多少耳の痛い話ほど今のあなたに必要なヒントが隠されています。心配ごとがあるならただ手をこまねいて気をもむのではなく真偽をきちんと確かめるよう行動を起こして。

第6位:獅子座
規則正しい生活が運気を上げる秘けつ。まずは生活リズムを整えることから始めましょう。また今年中に済ませてしまわなければならないことは早めにとりかかり少しずつ進めておくこと。いっぺんにやろうとすると後で苦労します。効率の良さよりも地道に頑張ること。

第7位:魚座
なかなか思いどおりにことが捗らずイライラしてしまうかも。しかしその心の乱れがさらに状況の悪化を招くことに。今が正念場とこらえて平常心を保つよう心がけて。週末は家族など身近な人たちと過ごすと吉。特に昔話には今のあなたに必要なヒントが隠されていそう。

第8位:牡牛座
奇をてらおうとするよりも普段どおりのふるまいを。また家族や身近にいる親しい人たちへ感謝の気持ちを持つことが幸運の鍵。口先ばかりでは信用を失うことにつながりかねないので気をつけて。今年一年を振り返って失敗を忘れるのではなく反省を来年に活かすこと。

第9位:乙女座
時間は有限なのに次から次へとやらなければならないことが湧いてくるような何かと慌ただしい期間となりそうです。些細なことにこだわらず計画的かつ合理的に物事を進めていくよう心がけましょう。ただしそのなかでも視野が狭くならないようにする注意が必要です。

第10位:山羊座
何事にも意欲的にかつ積極的に取り組める時期。この勢いを逃さず面倒なことを片付けてしまいましょう。周囲との対話を大切にすることで見逃してしまいがちな重要な問題が浮き彫りになりそうです。落ち込むよりも今のうちに発覚して良かったと考え方を切り替えて。

第11位:射手座
しっかりとブレない芯を持つことがこの時期を乗り越えるキーワードとなりそうです。最終的な目的や目標をどこに置くのかなど行動を起こすより前にきちんと定めておくことが成功の鍵。急いてことを仕損じる兆しが見え隠れするので慎重に進めるよう心がけましょう。

第12位:天秤座
内面のバランスが崩れ体調面にも不安な影が忍び寄ってくるようです。くれぐれも無理をせず大事をとるようにしましょう。また精神的に不安定なときこそ周囲に対する気遣いを忘れずにいて。過ぎた失敗をいつまでもくよくよ引きずらず割り切ることも時には肝要です。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP