ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気パティシエたちによるヘルシースイーツ『東京のダイエットスイーツ 5選』

DATE:
  • ガジェット通信を≫
八雲『タダシヤナギ』のラ・サンテ

スイーツは大好きだけれど、糖分の摂りすぎやカロリーが気になって、という方のための救世主ともいえるスイーツが続々と登場している。低糖質・低カロリーのスイーツ=あまりおいしいものがない、と感じていた人も、東京の人気パティシエたちによる味に妥協のないヘルシースイーツたちを味わってみてほしい。健康と美味しさを両立させるべく研究を重ねて作られたヘルシー・ダイエットスイーツ。食事制限が必要だから、ダイエット中だから、とあきらめていた方も、美味しいスイーツで笑顔になろう。
※5点全ての写真を表示させるにはこちら

丸の内『ショコラティエ パレ ド オール』のフルーツ&乳酸菌ショコラ

丸の内『ショコラティエ パレ ド オール』のフルーツ&乳酸菌ショコラ

毎日食べて健康になることをコンセプトにしたサプリメントがわりになるショコラ。クリームやバターなどの替わりに豆乳やゴマ油、砂糖の替わりにハチミツを使用、カロリーを抑えた上に、健康力を正常化し免疫力をアップするナノ型乳酸菌を1粒にヨーグルト約10本分配合している。シトラス、ルージュ、トロピコと3種類のフルーツフレイバーがとても美味。健康と美味しさを両立させるべく研究し尽くされた三枝俊介シェフ渾身の新世代ショコラだ。

最寄り駅:JR『東京』駅、地下鉄『大手町』駅、地下鉄『二重橋』駅
料金:フルーツ&乳酸菌ショコラ 12個入り 2,100円(税込)
お店:パレ ド オール [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

八雲『タダシヤナギ』のラ・サンテ

八雲『タダシヤナギ』のラ・サンテ

糖質を3.4gに抑えた低糖質で低カロリーのケーキ。生クリームとビスキュイには砂糖の替わりにカロリーゼロの甘味料を使用。ビスキュイを3枚重ねて間に濃厚な生クリームをサンド、真っ赤なフランボワーズ、アーモンドスライス、ショコラをあしらい、柳正司シェフらしい美しいケーキに仕上がっている。2012年7月の販売以来、糖質制限を必要とする人からの問い合わせが相次いでいる。やさしい味わいの可愛いケーキはダイエット中のティータイムにも是非。赤と白のかわいいデザインが気分を盛り上げてくれることだろう。購入は2日前までに要予約。

最寄り駅:東急東横線『都立大学』駅
料金:ラ・サンテ 470円(税込)
お店:タダシヤナギ [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

麻布十番『パティスリー ル・ポミエ』のラカント バスク オ ショコラ

麻布十番『パティスリー ル・ポミエ』のラカント バスク オ ショコラ

発売以来指名買いが多く、人気を集めている砂糖不使用のバスク。食べ応えがあるのに低カロリーなのはカロリーゼロの甘味料『ラカント』を使用しているから。『ラカント』は虫歯になりにくく、血糖値を上げにくい特徴もある。フレデリック・マドレーヌシェフ自身の経験から健康を考えたスイーツを作り始めたが、味に一切妥協はないという。しっとりとした食感とショコラの香り、やさしい甘さが魅力。健康を気遣う方への手土産としてもお薦めの焼き菓子だ。『ラカント バスク オ ショコラ』は、麻布十番店で限定販売。

最寄り駅:東京メトロ南北線・大江戸線『麻布十番』駅
料金:ラカント バスク オ ショコラ 320円(税込)
お店:パティスリー ル・ポミエ 麻布十番店 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

中目黒『パティスリー ポタジエ』シフォンケーキ

中目黒『パティスリー ポタジエ』シフォンケーキ

病気で食事制限をしている人からの問い合わせがきっかけで、柿沢安耶シェフが考案した低糖・低脂肪のシフォンケーキ。2012年から月ごとにシリーズで販売されている。9月販売の『トウモロコシのシフォンケーキ』は、甘いトウモロコシを使うことで砂糖の使用量を軽減、プレーン生地とトウモロコシの粒入りの生地の2層構造にナチュラルな甘さのクリームを添えている。卵黄は不使用。10月はタマネギのシフォンケーキ、11月はコマツナ緑茶シフォンケーキを発売、12月・1月はニンジンのシフォンケーキとなる。今後も素材を変えて美味しい新作が登場予定だ。

最寄り駅:東急東横線・東京メトロ日比谷線『中目黒』駅
料金:シフォンケーキ6号(直径18センチ) 2200円
お店:パティスリー ポタジエ [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

千川『エコール・クリオロ 千川本店』のスリム・ショコラ、スリム・カフェ

千川『エコール・クリオロ 千川本店』のスリム・ショコラ、スリム・カフェ

糖尿病でも安心して食べられる美味しいケーキ2種が人気を集めている。糖尿病専門医による糖計算がされた本格的なダイエットケーキだが、サントス・アントワーヌシェフの手による本格的な味わいとラブリーなヴィジュアルは変わらない。ブラックベリーティとカカオ100%のショコラのムースに本物のバニラを使用した『スリム・ショコラ』(写真右/500円)、コーヒーハンター川島良彰による上質なコーヒーを使用したバニラとコーヒー味の『スリム・カフェ』(写真左/480円)がありどちらもお薦め。(千川本店、中目黒店、オンラインで販売)

最寄り駅:東京メトロ『千川』駅
料金:スリム・カフェ (写真左/480円)、スリム・ショコラ(写真右/500円)
お店:エコール・クリオロ 千川本店 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

※この記事は、東京のイベント・お店情報サイト『タイムアウト東京』が執筆しました。
記事『東京のダイエットスイーツ 5選』の完全版はこちら
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/6084 [リンク]

そのほか、東京のおでかけ情報はこちら
http://www.timeout.jp/ja/tokyo [リンク]

毎日更新、『タイムアウト東京』のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/timeoutjp [リンク]

タイムアウト東京の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。