ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星野源がくも膜下出血のため手術、来年春頃の復帰を目標に休養

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

俳優や文筆家としても活躍するSAKEROCKのリーダー/ソロ・アーティストの星野源が、しばらくのあいだ活動を休止することがわかった。

これは本日12月22日に彼のオフィシャルサイトで発表されたもの。星野が所属する大人計画とカクバリズム、それぞれの代表取締役である長坂まき子と角張渉の連名で出された声明によると、先日に星野本人より体調不良の訴えがあり、病院で検査をした結果、くも膜下出血と診断。幸い、検査当日に手術を行うなど早期対処が出来たことにより、術後の経過は良好で、順調に回復しているという。なお、星野は体調を崩した時や手術の前後も常に意識がある状態で、会話もしっかりしているとのこと。

このため、星野は今後しばらくのあいだ休養し、回復に時間を充てる。今後の活動については、本人の体調を見ながら2013年春頃の復帰を目標に準備を進めるという。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。