ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若く見えるスマホ自撮りテク 正面NG、基本は斜め45度上から

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ケータイやスマホの普及で、最近は気軽にいつでもどこでも撮影できる時代。付属するカメラもデジカメに負けない高画質のタイプが多く、自分を撮影=“自撮り”して、友達や家族にメールしたり、フェイスブックやブログに上げる人も増えた。そこで、上手に“自撮り”する方法をフォトグラファーの須藤夕子さんに聞いた。

 背景はシンプルにするのが基本だという。液晶側にレンズがある「インカメラ」機能があれば、画面に自分が写るように設定(ない場合はレンズを自分に向け、試し撮りして自分が入る角度をチェック)。

「室内で撮るときは、背景に生活感が漂う物が写らないよう“白壁”を背景にするのがベスト。人物がくっきり浮かび上がります。カメラを持つ腕やひじを壁に固定すれば、手ブレ予防にも」(須藤さん)

 また、真正面から撮ると証明写真のようになってしまう。「正面や下からはNG。あごが目立って太って見えてしまいます」(須藤さん)。

 壁に垂直に立ち“斜め40~45度上から”撮る。

「上目遣いは目が大きく見えますが、おでこのシワや白髪が気になる人は自分好みの角度にして。首を少しかしげて首筋を強調したり、肩まで入れると顔の大きさが強調されず小顔に見えます」(須藤さん)

 インカメラの場合、画面に写る自分を見ると目線がずれるので「レンズ」を見ること。ただ、あえて目線を外して柔らかい印象を与えるのもテ。基本はオートフォーカスなのでピントを合わせる必要はないが、「スマホの場合、髪の毛など暗めの部分の画面をタッチすると、画像が明るくなるものが多いので、何度かタッチして明るさを調節してみましょう」(須藤さん)

※女性セブン2012年12月27日・1月1日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤングなでしこ・仲田歩夢 色白ポニーテールでドリブル名手
SDN48【5】相川友希 透ける白水着からこぼれる極上バスト
美人ゴルファー望月綾乃 「無名の新人でも問い合わせ殺到」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP