ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アキバックス】アキバのカレー屋が2kgのボリュームに挑戦してきたので早速食べてきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

秋葉原といえば無線街、電気街で知られるが実はグルメな街としても知られることが多い。メイド喫茶や学園風カフェとかではなく、美味しいラーメン屋やケバブに天ぷらなどなど。店舗の入れ替わりが激しい秋葉原では「いつか行こう」と思っていたら、いつのまにか無くなっていたと言うこともしばしばある。

そんな秋葉原には特にカレー屋が多く『ゴーゴーカレー』や『シャリマール』などが立ち並ぶ。オタクは買い物で忙しいため軽くパッと済ませる食事が有り難いようだ。そんな秋葉原に黄色い店構えを持つ『マンモスカレー』がまたもおかしなキャンペーンを開始した。

過去にはフィギュアを彼女と言い張ってつれて行くとドリンクサービスしてくれたり、100円でカレー食べ放題したり、更には七夕の時期にカップル同伴(フィギュアやラブプラス可)で行くと女性がタダになったり面白い企画を定期的に行っている。
そんな面白いカレー屋マンモスカレーが今度は超特大ボリュームの2kgカレーを発売。12月21日より秋葉原店で発売されたこの2kgカレーは、ご飯1200g、ルー700g、チーズ60g、そして唐揚げ10個(約400g)で2000gを余裕でオーバーしてしまう特大ボリューム。

お値段は1600円となっており、ボリューム単価はかなり安い。さすがに食べきれない人も続出なのでテイクアウトも可能となっており「ギブアップ」と言えばテイクアウト用の容器を出してくれるぞ。

今までマンモスカレーは「1kgカレー」として親しまれてきており、ドメインも“http://www.1kgcurry.com”で取得している。今後は「マンモス2kg唐揚げカレー」を始め「定番マンモス2kgカレー」「マンモス2kgカツカレー」の3種類が用意され、2kgカレーにも力を入れていくようである。

お皿に注がれたルーは並々と溢れ今にもこぼれんばかりの量、その横には山の様に盛られたライスがグランドキャニオンの用にそびえ立ち、10個もの巨大岩石のような唐揚げがひしめく。まるでジオラマを見ているようである。今回実際にガジェット通信スタッフが、この「2kgカレー」を食べに行ってきたのでその模様をご覧頂きたい。食べ切れたかどうかは動画を見てのお楽しみである。

【ニコニコ動画】横山緑がアキバのマンモスカレーで2kgの量にに大胆チャレンジ!
フィギュアを彼女と言い張ってカレー屋に持って行くと幸せになれた ジロジロ見られてマジ快感

※残したカレーは横山緑が全て食べました。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。