ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年をハッピーに! 通のお墨付きパワースポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年始は初詣に出かける人も多いはず。せっかくなら、パワーが宿るスポットで充実した一年を願いたいもの。今回はとくにスピリチュアル事情に詳しい独女たちに、全国おすすめのスポットを教えてもらった。
全国の寺社巡りが趣味の映子さん(39歳)が「個人的に良い気を感じる」のは、箱根神社(神奈川県)と高尾山(東京都)。

「箱根神社には縁結びで有名な九頭龍神社の末社があるから、一緒にお参りしてもいいですね。さらに立派な杉並木があるなど、周辺を歩いているだけでも心が洗われます。高尾山もパワスポとして有名。『願叶輪潜』など祈願スポットも多いから友達同士で行くと楽しいかも。お寺や神社はたしかにパワースポットなのですが、それにプラスして自然に触れるといいですよ。箱根にしても高尾山にしても、都内に住む人にとってはちょっとした遠出。普段の生活圏を出るだけでも、気分が切り替わります」

このほか、首都圏からちょっとした遠出が楽しめるパワースポットとして「昇仙峡(山梨県)」「北口本宮富士浅間神社(山梨県)」もすすめてくれた。

風水師に相談することの多い希美子さんは「高千穂荒立神社(宮崎県)」を勧める。

「この神社の『高千穂開運カード』が有名。荒立神社で祈祷されたもので、恋愛運、金運などがあります。仕事のお客様におすすめしたところ、実際に願いが叶ったという手紙が届きました。あと実際に身近で縁がつながった話では、『青島神社(宮崎県)』で縁結びのストラップを購入し、恋愛アップの『サンメッセ日南(宮崎県)のモアイ像』に抱き着いて祈願。さらに『鵜戸神宮(宮崎県)』運玉を投入れたところ、10歳以上年下のイケメンとゴールイン! というものが。青島神社はエビちゃんがイルマリと訪れた場所としても有名です」

高千穂は天孫降臨の地と伝わっていて、ご利益が高そう。本当に願いが叶うなら、旅費も高くはないかも!?

占星術に精通しているメグミさん(33才)いわく「パワーが強いと言われているのは皇居です」。

「感じる人には、パワーが強すぎるくらいだそうですよ。風水的に最高の立地で、散歩するだけでもいい気が得られるとか。私も初詣の帰りに足をのばすつもりです。西でパワーがあるのは『厳島神社(広島県)』。世界遺産ですし、社殿が海にせり出すように築かれたのは、“神をいつきまつる島”として崇められていた神聖な土地だからだとか。古くから信仰されている弥山もあるし、あのあたりはスピリチュアルな観点でも見どころがあります」

仕事で寺社スポット情報を収集していたライターの留美子さん(35歳)は、ご神木にも注目してほしいと言う。

「府中の『大國魂神社』は縁結びのご利益で有名ですが、樹齢1000年とも言われるご神木の大銀杏には高いエネルギーが宿っているとか。願いを託してはいかがでしょう? また神社ではありませんが、屋久島の『ウィルソン株』の内部から見ることのできるハート型の天井の画像は、待受にすると恋愛運アップのご利益があるそうです」

ご神木は比較的、人が少なくてお参りしやすいのもいいという。占い師の友人も多い麻美さん(38歳)は「久能山東照宮(静岡県)」が長年のお気に入り。

「1159段の石段があるのですが、振り返ると海が一面に広がっています。いい意味で背中がゾクゾクするし、初日の出も見られるので初詣にぴったりのスポット。静岡県が地元の森理世さんもおすすめしていました」

徒歩に自信のない方はロープウェイがあるのでご安心を。スピリチュアルグッズが好きな千葉県の泉さん(32歳)は、恐らく木更津全市民の願いを叶えたという神社の名を挙げた。

「『木更津キャッツアイ』の劇中で、登場人物のモー子が『木更津にスターバックスができますように』とお願いしたのが『八剱八幡神社』です。そのおかげで、ほたる野におしゃれなドライブスルー付きのスターバックスができ、最近ではアウトレットにもう一軒できました」

地元のパワースポットをチェックすると、新たな発見があるかも。初詣に限らず、大晦日は除夜の鐘をつけるお寺も多いので、訪れてみてもいい。2013年もいい年になりますように。(来布十和)

外部サイト

2013年をハッピーに! 通のお墨付きパワースポット
「元彼が新しい彼女とすぐ結婚した理由は?」独女からの質問状【後編】
女たちが恐怖する「仕事中の◯◯抜き」

(http://news.livedoor.com/article/detail/7256098/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP