体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【年末企画】2012年に気に入ったスマホは?バッテリー問題に翻弄された1年(スポーツライター・こば編)

LTEも大事だけれど、バッテリーはもっと大事
2012年気になった・気に入ったスマートフォン(スマホ)を振り返る「年末企画」ですが、私はこの1年バッテリーに悩まされた1年だったと思います。

私は昨年末、当時まだ数少ないdocomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」対応スマートフォンとして注目されていたNTTドコモの富士通製スマートフォン「ARROWS X LTE F-05D」を購入しました。高速通信ができて、テザリングも別途料金がかからない形で対応ということで、この1年間楽しく使わせていただきました。

しかし、初期のXi端末には共通の問題がありました。バッテリーの持ちが悪いという問題でした。3GとLTEのエリアを行き来すると電波の切り替えが生じ、特にLTEエリアではバッテリー消費が非常に大きくなります。

というわけで、この1年はバッテリー問題に常に悩まされ、出した結論としてはメイン端末の交換でした。

nenmatsu_arrows

ARROWS X LTE F-05Dをはじめ初期Xi端末はバッテリー消費の多さが問題に

ARROWS X LTE F-05Dを購入した当初は、私の住む仙台市内のXiエリアがまだ狭く、ほとんど3Gエリアで利用していたということもあり、3GとLTEの切り替えがそれほど多くはなく、バッテリーが持たない事態は、余程使用頻度が高い日でない限り起こりませんでした。

しかし、仙台市内でのXiエリアが広がりを見せ、自宅周辺もXiエリアになった辺りから、バッテリー問題は顕在化してきました。丸1日外出すると、バッテリーが持たない事態になりました。だんだんとその傾向は酷くなり、今年の秋頃からは半日持つか持たないかという状況でした。

nenmatsu_pocketcharger

モバイルバッテリーは必須の状況に

というわけで、今年出番が増えたのはモバイルバッテリーでした。ARROWS X LTE F-05D購入時にキャンペーンで無料でいただいたモバイルチャージャー01を頻繁に使用しなければいけない状況でした。たまにモバイルチャージャー01の充電を忘れた日などは、極力F-05Dを使用しないように心掛けねばなりませんでした。

バッテリー問題でダメを押したのは、11月に行われたAndroid 4.0へのバージョンアップでした。当初の予定からかなり遅れてのバージョンアップ提供開始となったことも残念でしたが、バッテリーの消費がさらに多くなってしまったのが一番残念でした。また、Android 4.0バージョンアップに伴い、「NX!エコ」という省エネアプリがプリインストールされ、バッテリー残量が40%を切ると自動的に省エネモードになるのですが、満充電から数時間経つと「NX!エコ」が起動している状態となり、やるせなさを覚えました。

また、ARROWS X LTE F-05D自体、Android 4.0を動かすにはやや非力だったのか、画面遷移がスムーズではなくなってしまいました。まだアップデートされていない方は、Android 2.3のまま使った方がストレスが溜まらないと思います。

こうしてARROWS X LTE F-05Dを日常使用する上でのストレスがあまりに多くなってしまったため、この年末auの空き回線を使ってMNPでシャープ製「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を購入し、ドコモminiUIMカードをARROWS X LTE F-05Dと入れ替えて使い始めました。購入からもうすぐ1ヶ月経ちますが、バッテリー問題は大きく改善されました。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。