ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、MEDIAS LTE N-04DとMEDIAS TAB N-06DにAndroid 4.0 ICSへOSバージョンアップするためのソフトウエア更新を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MEDIAS LTE N-04DとMEDIAS TAB N-06DがAndroid 4.0に!
NTTドコモは18日、昨冬モデルのスマートフォン「MEDIAS LTE N-04D」および今春モデルのタブレット「MEDIAS TAB N-06D」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)にAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)へのOSバージョンアップをするためのソフトウェア更新を提供開始したことをお知らせしています。

今回の更新ではOSバージョンアップを含め主に以下の4点の機能改善および追加、1点の不具合修正が行われます。MEDIAS LTE N-04DおよびMEDIAS TAB N-06Dのソフトウェア更新はそれぞれ3回目で、更新期間は2015年12月31日まで。

更新にかかる時間は端末本体(Wi-Fi)による方法で約30分、パソコン接続による方法で約35分となっています。パソコン接続による方法では1回の更新で最新のバージョンにすることができますが、ユーザーの利用環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なります。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

主なアップデート内容
1)Android 4.0に対応
・顔認証で画面ロックが解除できる「フェイスアンロック機能」に対応します。
・端末に表示中の画面を撮影できる「スクリーンキャプチャ」が追加されます。
2)機能の向上
・「伝言メモ」や「プライバシー設定」機能が追加されます。
・日本語入力システム「ATOKR」が機能アップされます。
・「タップサーチ」に機能が追加し、閲覧中の画面やカメラで撮影した画像から、調べたいワードを簡単に抽出して検索ができます。
3)操作性の向上
・ショートカットやアプリをロングタッチ後、ドラッグ&ドロップ操作で簡単にフォルダが作成できます。
・ホームキー長押しで、最近使ったアプリ一覧から削除したいアプリを左右にフリックすることで簡単に削除できます。さらに、実行中のアプリがわかるように表示され、一括終了も可能です。
4)アプリケーションの追加
・「SDカードバックアップ」「しゃべって検索」「しゃべって入力」「あんしんスキャン」アプリが追加されます。

「MEDIAS TAB N-06D」OSバージョンアップ詳細 (PDF形式:603KB)
「MEDIAS TAB N-06D」OSバージョンアップ詳細 (PDF形式:603KB)

改善される事象
・地図アプリでナビ機能を利用中、まれに再起動する場合がある。

ソフトウェア更新は、本体のみでWi-Fi通信で行う方法と、パソコンにUSBケーブルで接続して行う方法が用意されています。操作手順は、それぞれ「端末本体(Wi-Fi)による操作手順 | お客様サポート | NTTドコモ」「PC接続(microSD経由)による操作手順 | お客様サポート | NTTドコモ」および「端末本体(Wi-Fi)による操作手順 | お客様サポート | NTTドコモ」「PC接続(microSD経由)による操作手順 | お客様サポート | NTTドコモ」を参照してください。

この更新で、MEDIAS LTE N-04Dではビルド番号が「A1002811」「A1001001」「A1001701」「A1002501」(バージョンアップ前)から「A3003401」(バージョンアップ後)に、MEDIAS TAB N-06Dではビルド番号が「A1100541」「A1100801」「A1101001」「A1101301」」(バージョンアップ前)から「A3104601」(バージョンアップ後)になるとのことです。ビルド番号は、ホーム画面で「アプリケーション」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ビルド番号」から確認できます。

ソフトウェア更新を行う際には、以下の点に注意してください。

バージョンアップ実施前の注意事項
・バージョンアップは手順をよく読み、お客様の責任において行ってください。
・バージョンアップを行うと、以前のバージョンへ戻すことはできません。
・バージョンアップを行う際は、取扱説明書をご確認のうえ、事前にデータのバックアップを行ってください。
・一部バックアップが取れないデータがありますので、あらかじめご了承ください。
・本体の電池残量が満充電の状態で行ってください。電池残量が不足している場合はバージョンアップができません。
・バージョンアップを実施する前に、全てのアプリケーションを終了してください。
・バージョンアップを実施するには、500MB以上の空き容量<パソコン接続による方法の場合:microSDカード、端末本体(Wi-Fi)による方法の場合:本体メモリ(ユーザーメモリ)>が必要となります。(パソコン接続によるOSバージョンアップの場合は、事前にmicroSDカードを取り付けてください。)
・本体メモリ(システムメモリ)に空き容量(約100MB以上)以上の空き容量がない場合は、更新ファイルのダウンロードができません。不要なアプリケーションを削除してください。
・バージョンアップを実施する前に、暗号化が「OFF」(チェックなし)になっていることを確認してください。
・<パソコン接続による方法の場合:本体メモリでの暗号化「OFF」、端末本体(Wi-Fi)による方法の場合:本体メモリでの暗号化/SDカードでの暗号化が「OFF」>
・ホーム画面で「メニューキー」→「本体設定」→「現在地情報とセキュリティ」→「セキュリティーポリシー」
・バージョンアップ中は、電話の発着信を含め全ての機能をご利用いただけません。
・バージョンアップ中は、絶対に電源をOFFにしたり、電池パックをはずしたりしないでください。
・バージョンアップ中は、他のアプリ(ワンセグ録画予約など)が起動しないように設定しておいてください。
・バージョンアップに失敗し、一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモショップなどの故障受付窓口までご相談ください。
・バージョンアップを行うと、一部の設定が初期化されます。バージョンアップ完了後、再度設定を行ってください。
・バージョンアップ後は、ATOKRのデコメ絵文字履歴、デコメ絵文字に関する学習データ・単語登録データが初期化されます。
・OSバージョンアップ後、Android OS 2.3で利用していたN-04D PC Link Toolへの接続ができなくなります。Android OS 2.3用のN-04D PC Link ToolをPCからアンイストールし、Android OS 4.0用のN-04D PC Link Toolを以下ホームページよりダウンロードしインストールを行ってください。
・OSバージョンアップを行うと、VPN機能が更新され、設定が初期化されます。OSバージョンアップ完了後、下記ホームページに掲載されているVPN接続取扱説明書をご参考の上、再度設定を行ってください。VPNはQuickSecからICS標準IPSec VPNへ変更となります。
 Android OS 4.0用のN-04D PC Link Tool、Android OS 4.0用のN-04D VPN接続続取扱説明書のダウンロードページ
 Android OS 4.0用のN-06D PC Link Tool、Android OS 4.0用のN-06D VPN接続続取扱説明書のダウンロードページ
・ソフトウェアの更新確認などパケット通信を利用する場合は、パケット通信料が発生しますので、あらかじめご了承願います(パケット定額サービスの上限に達している場合は、パケット量が計算されますが、更なる課金は発生しません)。

バージョンアップ実施後の注意事項
・バージョンアップ実施後にGoogle Playストアなどからアプリケーションの更新を行ってください。
・Android 2.3向けのアプリケーションはAndroid 4.0では正常に動作しない場合があります。
・Android 4.0に非対応のアプリによって携帯電話の動作が不安定になったり、機能が正常に動作しなくなる場合があります。
・各アプリケーションのAndroid 4.0対応有無については、アプリケーションの提供元にご確認ください。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
MEDIAS LTE N-04Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
MEDIAS TAB N-06Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

外部サイト

NTTドコモ、MEDIAS LTE N-04DとMEDIAS TAB N-06DにAndroid 4.0 ICSへOSバージョンアップするためのソフトウエア更新を提供開始
【年末企画】2012年に気に入ったスマホは?バッテリー問題に翻弄された1年(スポーツライター・こば編)
NTTドコモ、LTEサービス「Xi(クロッシィ)」の契約数が800万件を突破!冬モデルスマホも全機種Xi対応で再度加速

(http://news.livedoor.com/article/detail/7255356/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP