ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝井リョウ・窪美澄「今後もずっと書き続けていきたい」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 『桐島、部活やめるってよ』(集英社/刊)でデビューし、11月30日に新刊『何者』(新潮社/刊)を刊行した朝井リョウさんと、著書『晴天の迷いクジラ』(新潮社/刊)で第3回山田風太郎賞を受賞した窪美澄さんのトークイベント&サイン会が、12月16日(日)に東京・立川のオリオン書房ノルテ店で行われた。

 朝井さんの新刊『何者』は、大学生の就職活動をモチーフに、ネット時代の自意識を描いた意欲作。窪さんの『晴天の迷いクジラ』は、性格もバックグラウンドも違う、ただ死のうと思っていることだけが共通する三人の旅から、生きることとは何かを浮き彫りにする長編だ。

 共にデビュー作がベストセラーとなった二人だが、トークショーでは二人のちょっとした“因縁”の話題に。
 2009年、窪さんが「女による女のためのR-18文学賞」(新潮社主催)の大賞を受賞した時のこと。受賞作品を収めた連作長編を刊行する際、窪さんは受賞作と同じ名前の『ミクマリ』というタイトルを希望したが、担当編集者が「今、こういう長めのタイトルの本が売れているんだ」と出してきたのが、朝井さんの『桐島、部活やめるってよ』だったのだ。
 この書名に引っ張られる形で窪さんがつけたタイトルが『ふがいない僕は空を見た』(新潮社/刊)であり、この作品は第24回山本周五郎賞、2011年本屋大賞の第2位という栄誉を勝ち取った。

 その後は、互いの作品や人となりに言及。
 朝井さんが窪さんの小説について「僕には絶対に書けない登場人物を書いている。だから、マリア様だと思っていたが、会うと気さくな人だったと」語り、窪さんは、「デビュー作であれだけ多彩な視点で書けるというのは、他人の気持ちをすごく考えて生きてきた人だと思う。『桐島、部活やめるってよ』は完成された作品だと思いますけど、今回の作品ではそれがさらに進化している」と、朝井さんの新刊『何者』を評した。

 今最も勢いのある作家と言っても過言ではない二人。それだけに、イベントの最後に行われた読者からの質問コーナーで今後の野望を聞かれると、共に「作家になれてよかったと思っている。今後もずっと書き続けていきたい」と語った。

 トークイベントの後にはサイン会が行われ、会場に詰めかけた読者で長蛇の列ができたが、両氏ともそのひとりひとりと言葉を交わすなど、会場は終始和やかだった。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
綿矢りさサイン会に長蛇の列
ブックフェア美女レポート2012!
『もしドラ』効果で急増? 「もし…たら」というタイトルがつけられた本を集めた

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP