ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』416日目——私は仮面だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は仮面だ。

空身の気楽さと孤独によって、今や夢想家の典型となった若者が、個人的な舞踏のために作った、粘土の仮面だ。満天の星をいくら仰いでも虚ろな気持ちがおさまらない今夜、彼は私のほかには何もつけないで踊り狂う。うたかた湖ののたりのたりとした波の音や、うつせみ山に沿って昇ったり降りたりする寒風の音に合せて、排他的な松林のなかで《醜態》を踊りつづける彼は、夜鷹よりも上等だ。

踊りながら彼は、旧来の覊絆を脱し、父母が親子の情を利用して吹きこんだ戒めを投げ棄て、郷里を新天地に見立ててゆるりと観照する。しかし、私にできるのは彼の期待を裏切ることでしかない。その日その日を日雇いの仕事で食いつないでいる、見込みのまったくない若者に、私は刹那の錯覚さえも与えてやることができない。依然として彼は、己れの惨めな現状を見極めることができず、無知からくる誤信と思わざる過誤とを後生大事に背負っている。心の惑いは募るばかりだ。

彼はきょう、舌触りのよさそうな肌を持った、垂れ目の未亡人の誘惑から辛うじて逃れた。「おまえは所詮おまえでしかない」と私は言った。彼は怒って私を剥ぎ取り、たったひとりの観客の、夜よりも青い少年に私を与え、着る物を着て土蔵の塒へ帰って行く。少年は私をしばし眺め、かぶろうとして寸前でやめ、「おれはおれでいいや」と呟き、私を松の根元に叩きつける。《醜態》が割れた。
(11・20・月)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。