ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、世界最多25色のカラバリがあるSoftBank4G対応スマホ「PANTONE 6 200SH」を12月21日に発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PANTONE 6 200SHの発売日が決定!
ソフトバンクモバイルは19日、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応した世界最多25色のカラーバリエーションを用意したAndroidスマートフォン「PANTONE 6 200SH」(シャープ製)を2012年12月21日(金)に発売開始すると発表しています。

また、すでに東京・銀座にあるソフトバンク銀座店では、PANTONE 6 200SHの発売にともない、特別展示を行っているということです。ガラシールも実際に見ることができるとのこと。

なお、発売に際し、12月1日から事前予約を行なっていますが、予約購入者全員がもれなくオリジナルケーズと1万円分商品券がもらえるキャンペーンも実施中です。

PANTONE 6 200SHは、下り最大76Mbps/上り最大10MbpsのSoftBank4Gに対応し1.5GHzデュアルコアCPUを搭載。世界最多となる25色のカラーバリエーションを用意するだけでなく、防水・防塵対応、赤外線、ワンセグなど従来の携帯電話にあった便利な機能も搭載しています。

■主な対応サービス・機能
ワンセグ○赤外線通信(IrDA)○Bluetooth○おサイフケータイ○S!メール(MMS)○Wi-Fi○世界対応ケータイ○ULTRA SPEED○SoftBank 4G○GPS○デコレメール○スマートセキュリティ○緊急速報メール○プラチナバンド○NFC○※テザリング○

■主な仕様
通信方式国内W-CDMA方式(900MHz/1.5GHz/2.1GHz)
AXGP方式(2.5GHz)海外W-CDMA方式、GSM方式(900MHz/1800MHz/1900MHz)サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約65×128×10.6mm(突起部除く)/約129g連続通話時間/待受時間 W-CDMA網約700分/約550時間(静止状態)※GSM網約500分/約470時間(静止状態)※AXGP網待受時間:約370時間(静止状態)※ ディスプレー 約4.5インチHD(1,280×720ドット)
NewモバイルASV液晶(最大1,677万色) モバイルカメラ(画素数/タイプ) メイン 有効画素数約1,310万画素/CMOS(AF) サブ 有効画素数約30万画素/CMOS 外部メモリー/推奨容量 microSDXCカード(別売)(microSD 2GB同梱)/64GB 内蔵メモリー ROM 8GB RAM 1GB Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz、5GHz) Bluetooth Ver.4.0 プラットフォーム Android 4.0(後日Android 4.1にアップデート予定)カラーバリエーションマットブラック、ブラック、ホワイト、シルバー、ゴールド、ピンクゴールド、グリーン、ブラウン、ブルー、ダークブルー、ピンクシルバー、ワインレッド、ダークレッド、ライトグリーン、ブルーグリーン、パープル、レッド、ビビッドピンク、オレンジ、イエロー、ライトピンク、ピンク、ターコイズ、ラベンダー、ライトブルー

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
世界最多25色のカラーバリエーション「PANTONER 6 200SH」、12月21日発売 | ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンク銀座で「PANTONE(R) 6 SoftBank 200SH」を特別展示 | ソフトバンクモバイル

外部サイト

Windows Phone 8は本体のみでのスクリーンショット撮影に対応!Lumia 920で画面キャプチャしてみた【ハウツー】
ソフトバンク、世界最多25色のカラバリがあるSoftBank4G対応スマホ「PANTONE 6 200SH」を12月21日に発売開始
NTTドコモ、Optimus LIFE L-02EとARROWS Kiss F-03Eの発売日を12月21日に正式決定

(http://news.livedoor.com/article/detail/7252014/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP