ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

虚構新聞が真実を報道する暴挙! 虚構新聞に虚構じゃないニュースが載る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

97年から始まった「文化庁メディア芸術祭」は、漫画・アニメ・ゲームなどにおいて優れた作品を顕彰する「メディア芸術の総合フェスティバル」として位置づけられる。今年は12月13日から24日までの12日間、国立新美術館(東京・六本木)をメイン会場に、受賞作品等を紹介する受賞作品展を開催中だ。

会期中は作品の展示・上映のほか、受賞者によるプレゼンテーションやシンポジウム等を実施。魅力溢れるメディア芸術作品が一堂に会する貴重な機会になっている。この文化庁メディア芸術祭において、文化庁メディア芸術祭実行委員会は、うそニュースでおなじみの“虚構新聞”がエンターテインメント部門の審査委員会推薦作品として選出された。

全部で741作品に上る中からの選出で、何を血迷ったのか、虚構新聞でありながら、真実を報道するという暴挙に打って出た模様だ。通常は、ニュースタイトルを選択すると、タイトルの後ろに「これは嘘ニュースです」という文字列が隠されているのだが、今回に限って「これは本当のニュースです」となっている。

タイトルの語尾が「これは本当のニュースです」となっている

本紙「虚構新聞」が文化庁メディア芸術祭で受賞これは本当のニュースです
第16回文化庁メディア芸術祭
虚構新聞

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

中古端末に潜むリスクを知るべし! スマホや携帯の中古品購入時の注意点【デジ通】
グリム童話出版から200年 Googleロゴが赤ずきんの紙芝居になってる!
もう手離せない! iPad miniを強化する三種の神器

(http://news.livedoor.com/article/detail/7252278/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP